俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

なぜKREVAは日本語ラップで、メジャートップに君臨するのか?

こんばんは。

 

 

大地です。

 

 

皆さんはKREVA(クレバ)というラッパーをご存知でしょうか。

 

最近何かとラップブームで、ラッパーをあまり知らない人に説明する時

 

KREVAとかさ」というと「あー、ああいう感じの曲ね!」と分かってくれます。

 

 

しかし、HIPHOPに詳しい人からは

「いやいや、KREVAなんてエセHIPHOPでしょあんなもん」

「あれをHIPHOPの代表みたいなのやめてくれ」

 

みたいな意見もよく目にします。

 

 

確かに「KREVAHIPHOPか?」と言われると少し違う気がします。

ですが、彼を除いて日本語ラップを語るにはあまりに大きすぎる存在なのも事実です。

 

 

 

 

 

 

今回はそんなKREVAが『なぜ日本語ラップというジャンルの中でメジャートップに君臨するか。』を考え、特に『技術、戦略』という点に注目してお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語ラップとは

言うまでもなく、HIPHOPカルチャーはアフリカやアメリカの貧困から生まれたものです。

 

ここでは、HIPHOPという全世界含めた大きな枠組みではなく、日本語ラップという日本語を使ったラップ音楽に限定して話を進めたいと思います。

 

日本語ラップとは文字通り「日本語でラップをしている音楽」を指します。

 

例えば、こんなフレーズ

はたから見りゃそりゃあ仲良い

でもいつの間に関係はなぁなぁに

挙句の果てにはさんざん言いたい放題じゃ悲しい

 

 

これはKREVAの「スタート」という曲の歌詞です。

 

 

ラップは「あいうえお(a・i・u・e・o)」の母音合わせで成立するものなので

「なかいい  (Na・Ka・i・i)」と

「なぁなぁにぃ(Na・Na・Ni・i)」と

「さんざんいい(Sa[n]・Za[n]・i・i)」と

「かなしい  (Ka・Na・Si・i)」

の4つが「a、a、i、i」で韻を踏んでいる(※)事になります。

(※母音が合ってラップが成立すること※)

 

ちなみに「ん(n)」は、母音ではないので、使っても使わなくても良いのです。

 

 

このように母音合わせでリズミカルに踏んでいくのが、いわゆる日本語ラップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KREVAがメジャートップにいる理由

その①「非情に分かりやすい発音」

KREVAの発音は非常に分かりやすいです。

 

例えばこの「イッサイガッサイ」という曲。

メロディラインも心地よく、トラックも優しい音色ですよね。

www.youtube.com

 

単語の一つ一つがハッキリ聞こえて、言葉の意味が頭に残りやすいですね。

スローテンポだけど、リズミカルに言葉をつなげていく。

 

そしてサビでは韻を意識せず、メロディや歌詞など全体のまとまりを意識した作りになっています。

 

まぁ、だからKREVA日本語ラップかと言われたら、日本語ラップなんだけど韻踏みよりも楽曲のまとまりを意識しているので、POPミュージックに聞こえてしまう。という面を持っていますよね。

 

ともあれ、ラップに馴染みのない人でも聞き取れるようにあえてハッキリと発音したことで、大勢の人に聞き取りやすいように音楽としての形を濃くさせたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

その②「汚さが無い。」

うーん、これは表現が難しい。

 

HIPHOPというカルチャー自体「自分が自分であることを誇る」文化なので

俺が誰よりも一番!という主張の側面を持っています。

 

 例えば、僕の大好きなOZROSAURUS(MC MACCHO率いるHIPHOPグループ)はHOTで熱量のあるのが特徴で、言いたいことをズバズバ言うスタイルがストリートでカッコイイなぁと思います。

 

MC MACCHO

関連画像

 

 

 

 

じゃあKREVAは?っていうと「俺は王者でエリート」という主張なんです。実際、慶應義塾大学を出たりしていて、KREVAの名の通り「頭が良い」んでしょう。

 

だから、彼自身の主張も実は全くブレておらず、これも一つのリアルでありストリートだと思うんですよね。

f:id:sdaichi444:20180204100544p:plain

 

 

逆に言えば、HIPHOPカルチャーを踏襲した良い意味での汚さKREVAには無いので

KREVAだけを聴いてHIPHOPは。とかいうのは全然違いますよね。

 

KREVAは、自分の生い立ちや思想を曲に映し、綺麗だけど味わいのある音楽を追及しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その③「共同楽曲が多い」

KREVAは様々なメジャーアーティストとコラボをしています。

 

 

例えばスピッツのボーカル草野さんや、ギタリストの布袋寅泰、MIYAVIなどとコラボし

最近では三浦大知とのコラボもありました。

 

もちろん、ラッパーとのコラボもあり、歌を作る側として楽曲提供も行うなど楽曲制作という影での仕事も多いイメージがあります。

 

このように幅広い人脈と、数々の大きなステージでのLIVE出演によって知名度が増し、メジャーでも活躍するアーティストになったということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KREVAHIPHOPなのか

いろんな視点からKREVAを見てきましたが

個人的には、あくまでもHIPHOPの一つの形にすぎない。と思っています。

 

 

HIPHOP成り上がりの反骨精神がやはりあると思っていて、スタンスとして元々もう成り上がっていたKREVAHIPHOPの精神と呼ぶのはちょっと違う気がします。

 

しかし、始まりはフリースタイルバトルであり、名も知れぬ小僧から頂点へ上り詰めた経緯があるので、ハッキリと逆転現象ナシ!と語るのも難しい。

 

 

一人のアーティストとして音楽を生み出す、HIPHOPカルチャーの歴史にはしっかり爪痕を残しており

人柄や、楽曲のコラボしやすさから考えてもやはり単純に世渡りが上手いのだと思います。

(そういう言い方が一番しっくりくるかな)

 

 

 

 

あと、ほんとに言葉遊びが上手いなぁ~。って感じなんですよね。

曲を聴いてて飽きないし。

日本語操らせたら天才だなって思いますね。

 

 

ぜひ、気になったらいろんな楽曲を聴いてみてください。

僕のおすすめは「BESHI」「NaNaNa」です。

 

 

ではでは。