俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

僕が毎日ランニングをする理由。

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

 

僕は、毎日ランニングをしている。

 

 

最近ありがたいことに、ブログのアクセス数が少しずつ伸びてきたので

これを機に、僕が毎日走る理由について話したいと思う。

 

 

やりたいことがない。

夢とかそういうデカい話はキツイ。

・・・という人に少しでも届けばいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  • UVERworldのボーカルに勝ちたいから。

結論から言うと、僕は、

UVERworldのボーカル TAKUYA∞に勝つために走っている。

UVERworldとは、僕がこの世で一番好きなバンドである。

f:id:sdaichi444:20170927203521p:plain

参照:https://d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net/wp/wp-content/uploads/2017/08/01153504/uverworld_tycoon_syugo_1011.jpg

 

 

そのボーカルTAKUYA∞は、ライブパフォーマンスを高めるために

10kmもの距離を、毎日ランニングしている。

アーティストどころか、アスリートじゃないか?と思うほどストイックだ。

f:id:sdaichi444:20170927203939p:plain

参照:https://iwiz-spo.c.yimg.jp/c/sports/text/images/2015/0715/201507150003-spnavido_2015071500028_view.jpg

 

 

TAKUYA∞は、ライブ前日の会場に泊まる。

それは、翌日のライブで良い雰囲気を保って歌うためだ。

 

 

 

TAKUYA∞が会場に泊まる日は、

外でTAKUYA∞と走るのを待ち構えたファンが集結している。

TAKUYA∞の熱意に惹かれてか、ファンの中から一緒に走ろうという人が出てきたのだ。

 

 

 

今では恒例になっているこのファンとのランニング

そのライブ前日のランニングで、僕は彼と走り、勝ちたい。と思っているのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 軸なんてブレブレだけど、やりたかった。

f:id:sdaichi444:20170927213856p:plain

僕は昔から、夢がころころ変わってばかりだった。

 

 

ある時は野球選手

ある時は、俳優

またある時は、教師

 

 

もう軸がブレブレ。

やりたいこと、夢はあるにはあるけど、

 

本当にやりたいことが分からない。

 

軸を持たない人間。

何者にもなれない生き方。

正直、マジでこれと言って、心底一生捧げたいというものが無かった。

 

 

そんな僕が今一番、これまでの人生の中でも一番叶えたいのが

 

このTAKUYA∞とのランニングに勝利することである。

僕はその為に、勝つために走っているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 夢は叶わない、と子供に言えるのか?

夢、と聞くと

理想高いとか、非現実的とか

ネガティブな言葉を耳にする事が増えた。

 

何より、僕の家ではそういうワードが日常茶飯事だった。

 

 

「真面目にコツコツ生きなさい」

「世の中そんなに甘くない」

「夢は、仕事をやった上で見るものだ」

 

などなどとにかく保守的だった。

 

 

 

 

 

だから僕は、それに反抗する事にした。

 

 

 

本気で何かを成し遂げる前に諦めた人間が

「夢なんて不安定で危なっかしい事考えるよりも、堅実に安定した生き方をしなさい。」

と、僕は子供に言えるのか?と常日頃から自問自答している。

 

 

夢は諦めるべきだ。なんて言葉を子供に言うような

汗も血も流れてない言葉だけは絶対に言いたくないと心から思っている。

 

だからこそ、僕は走り続ける必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 心底心が震えた。

自分が今やりたいこと。

 

自分が今本気になれる事。

 

それがもし、叶わなそう。

可能性がめちゃめちゃ低い事。

何年もかかりそうな事だとしたら、

 

 

 

こう考えて見て欲しい。

 

 

 

それを目指して、心は震えるのか?

 

 

 

 

僕は、始めてUVERworldのライブを見た時

心が震えました。

 


UVERworld 『ナノ・セカンド』

 

 

出来ない事、叶えられそうにもない事。

時間が足りない。

スキルが足りない。

努力も足りない。

才能も、精神力も、人脈も

足りないものが多すぎる

理由を上げたらきりがない。

 

 

 

だから、足りないもので足が止まりそうなら

こう心の中で唱えて欲しい。

何度も何度も、何日も何日も

お前は、これで心が震えるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 毎日やらないと意味が無い。

最後に一番大切なことをお話ししたい。

 

 

夢や目標がある人は、最初から実力のある人なんてまずいない。

 

じゃあ、何をすれば夢に近づくのか?

僕が走り続けて実感した、絶対に間違いない方法が

毎日欠かさずやり続ける事

である。

 

 

夢や目標を目指す上で、効率よく時間を有効に使って前に進んでいく必要がある。

 

だが、これから参入しよう(または今後力を入れよう)という分野で

どうやったら効率よく進むのか?は当然最初は分からない。

 

 

そこで、

毎日やり続けることによって、まずは経験値をとにかく積む。

へたくそならばこそ、毎日やり続けるのだ。

 

 

経験値を多く積むと、今度は直感や予想が出来るようになる。

スポーツにおいて、練習をしまくった選手が

勘で多分ここでパスをする。というような予測が出来るようになるのと同じことだ。

 

 

逆に言えば、そのレベルに至るまで毎日やり続ける必要があり、

毎日やればこそ、そのレベルに到達できるのである。

 

 

 

僕の場合、ランニングとブログを毎日やると宣言し、どうしても出来なかった1日を除いて毎日続けられている。

(一日分すいません。)

 

 

また、毎日やる事はめちゃめちゃ根気がいる。

 

 

正直、別にやらなくっても誰にも文句は言われないし。

結局自分がどうなりたいのか?が明確じゃないとモチベーションを維持できないのだ。

 

 

僕は、それでも毎日走ってTAKUYA∞に勝ちたい」

毎日ブログを書いて「発信力を強固にしたい」

と思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 誰かじゃなくて、自分がどうありたいか

結局は自分がどうありたいかだ。

 

やりたくないなら、辞めるのもいいし

やりたいんなら、わざわざ辞める理由もないだろう。

 

 

それは自分自身が決めるのだ。

 

 

 

誰かに言われへこんだり、

イチイチ人の言う事に右往左往していたら

夢にはいつまでたっても近づかない。

 

 

結局のところ、やるしかないのだ。

毎日やれることが分かってるなら、毎日どうやってそれをこなすか考え、

試し、失敗し、改善し

 

そして毎日それを続けていく。

 

 

そうやって夢がだんだん現実味を帯びてくる。

 

 

 

 

 

改めて、何度も言うが

僕は、TAKUYA∞にランニングで勝つ。

その為に走る。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは。