俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

本を読むのは、知識を得る為だけじゃなかった!!

こんばんは。

 

 

だいちです。

 

 

 

 

僕は本が好きで、最近特に読み進めています。

先月だけで、約10冊の本を読破(約3日に1冊)することが出来ました。

 

 

あなたは、ここ一カ月で何冊の本を読みましたか?

 

f:id:sdaichi444:20170926232103p:plain

 

 

 

 

よく小さい頃、新聞や本を読め!と言われました

しかし、

単に知識を得られるからという理由で本を読み続けるのは気持ちが辛いと思います。

(字を見るのが苦手な人は特に。。)

 

 

で、

 

 

これまで本を読んできて、先月10冊読み切ったあたりから

 

ある事に気が付きました。

それが『情報フィルター』が身につくことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 知識をやみくもに得ても意味がない。

「フリー素材 新聞 人」の画像検索結果

 

最近、テレビや新聞などのメディアは、情報収集に向いてない。

と言われてきています。

 

なぜでしょうか?

 

 

それは、情報の幅が広すぎて、自分の目的とは的はずれだからです。

 

テレビや新聞は、一見重要な情報をわかりやすく発信しているように思えます。

政治や経済など、難しいことをしっかり説明しているように思えます。

 

 

しかし、政治や経済のニュースは今この瞬間、あなたにとって必要な情報でしょうか?

 

 

そんなことよりも、宿題で分からない数学の方程式の話、

トレンドファッションの情報のほうが欲しいし、今活かせるよ。って思いませんか?

 

 

 

そう、つまりはネットでググった方が速いわけです。

 

 

ただ、ネットの情報も全てが正しいとは限りません。

それは本も同じ事で、専門性はネットよりはあるものの、やはり文字を読むのが苦手な人に配慮した本が少ないとも思っています。

(無駄に長い文章とかね)

 

 

 

 で、

 

 

結局のところ、ただ闇雲に情報を集めるのは自分も疲れるし、頭が痛くなる話ってことですね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 情報フィルターとは?

関連画像

 

では、上手く情報や知識を得るにはどうすればいいのでしょうか。

 

本をたくさん読んでいく事で、

情報フィルターが身についてきます。

 

この、情報フィルターが情報を上手く得るために使える。というわけです。

情報フィルターを身につけると、今自分に必要のない情報を、ズバズバ避けてくれます。

 

 

その為に本を読むのです。

 

情報フィルターとは、

今の自分に必要な知識と、今は使わない情報とを取捨選択して理解しやすくするものです。

 

 

そんなの、どこにあんねん!!と言われても、目に見える物ではないためこれ!!とは言えませんが、

 

 

僕の場合、本をだいたい30冊読んだあたりから身についた。

と実感しています。

 

30冊って聞くと、気が遠くなる話かもしれませんが、 

情報フィルターがあると本当に便利なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 情報が絞れると、やることをしぼれる。

もう少し詳しく話すと、

 

情報過多すぎると、やることも見えにくいわけです。

 

 

例えば、自分は投資について知りたい。

けど、情報を探してる途中で、メンタルを鍛える方法、美味しいパスタの作り方、異性にモテるコーデも知りたくなってしまいました。

 

本来の目的は投資のことだけど、まぁ今興味があるのはパスタの作り方だから

投資の勉強は後回し!

 

 

・・・って事になるわけです。

本来今自分がするべきは、投資の勉強なのに

興味本位で、美味しいパスタの作り方に気が移ってしまう。

 

 

情報フィルターを働かせて、得たい情報を絞ることが出来ればこうした回り道をしなくても済むわけです。

 

 

 

整理すると、この場合は投資について

投資とはどんなものでどんな勉強が必要で参考書や手本にする人はどんな人

など

得たい情報の分野を絞る必要があります。

 

こうした、情報を絞れるからこそ、回り道をせず

本当にやりたいことにストレートで進む事が出来るわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 本は全て完璧に読む必要はない。

30冊も本を読むのだから、全て完璧に読まなくてはいけないと思いがちですが、

 

 

決してそんなことはありません。

 

 

実際、僕も飛ばし飛ばしで読んでる時もありますし、

本を読んでいく中でだんだん情報が絞れるようになってくるんです。

そうやって斜め読みでもなんとなく理解できるようになると。

 

 

だからこそ、最初は大好きなジャンル(例えば自己啓発)の、面白そうな(例えばお金の使い方)ページの少ない本(例えば100~200ページ)から読み始めると良いです。

 

 

本によっては、文字の大きくて読みやすい本もあり、

本と言っても様々な本があるのでぜひ自分に合う本を探してみてください。

 

 

 

 

 

僕のおススメは、ホリエモンこと堀江貴文さんの本がおススメです。

文章が特徴的で、結論や言いたいことがストレート過ぎて刺激的です(笑)

 

 

 

多動力が昨今なにかと話題ですが、

やっぱり読み物として、シンプルに面白いです。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 

 

また、漫画ウシジマくんが好きな人などは、この本もイメージから入ってきやすく、おススメです。

 

 

 

 

本が優れている点がもうひとつあって、

起承転結がしっかりしていて

伝えたいこと、つまり要点として抑えるべき部分がしっかりまとまっているので

ネットの文章よりも理解しやすい。という利点があると思います。

 

文章も長く書いてあるので、ぜひ苦手な人は、少ないページの本から読み始めてみてください。

 

 

本はこの世にたくさんあるので

自分に合った本を見つけて、情報フィルターをフルに活用していきましょう!

 

 

 

 

 

ではでは。