俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

自分を変えたいなら、寂しさを簡単に埋めようとするな。

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

ここ数年、自分の成長する環境を作るために、

会ったり、話したりする人を変えるようにしたところ。

 

ヤバい!!!遊べる友達減ったかも!!!

って事になってて、

 

じゃあ、友達増やせばいいじゃん。

と思うかもしれませんが

 

安易に友人を増やすのはやめた方がいいと思います。

 

 

で、今日のテーマでもあるように

寂しさから、お金を使ったり、人と遊びに行ったりするのは

自分で解決する力を失っていくんです。

 

今日は、誰もが思うであろう「寂しさ」や「孤独感」について話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  • 寂しさがあると、逃げたくなる。

f:id:sdaichi444:20170915213356p:plain

寂しさはふとした時にやってきますよね。

 

僕は夜とか、ふとイキナリ寂しさが襲ってくる事があって、

 

学生の時には、それがやたら多くあって、

・友達と飲みに行ったり、

・女の子と遊んだり、

・食べる量が増えたり。

 

寂しさって、マジでコントロールが難しい。

 

 

そんな時に、寂しさを無理に埋めようとしていませんか?

寂しさって、逃げるとドンドン追ってくるんです。

 

そんな時は、寂しさから逃げないでください。

逃げれば逃げるほど、膨れ上がっていくのを防ぐためには

寂しさを受け止める事です。

 

そして、寂しさを埋めるのに、次のことをやってはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 寂しさに、お金を使うという悪循環

f:id:sdaichi444:20170915213438p:plain

寂しさは、人の感情を無理やり動かします。

 

それが、プラスに働けば良いのですが、

感情のまま行動してしまい、コントロールが出来ないことの方が多いでしょう。

 

中でも一番避けて欲しいのは

「寂しさを埋める事にお金を使う事」です。

 

例えば、先ほどあげたような

・お酒を飲む

・異性と付きあう。

・食べ物を食べる

 

などが失敗しやすいものです。

 

寂しさを安易に埋める事は、自分で乗り越えるチャンスを奪います。

 

確かに、寂しい気持ちをそのままにしておくのは、辛いし

気持ちだけでなく、体力的にもくるものがあります。

 

それでも、寂しさを埋めるのにお金を使うのは辞めた方がいいです。

食べ物なら、太ってストレスや余計な悩みが増えたり、

お酒や異性との付き合いにお金をかけるようになるのも、人付き合いを考えるきっかけを失うのであまり良いとは言えません。

 

 

寂しさは、向き合う事で、今抱えている問題(寂しさを引き起こしている問題)が何なのか知る事ができます。

その為、寂しさを乗り越えた後、自分の問題が明確になっている分、加速力が上がります。

 

自分を変えたい、現状を変えたいと思うならこそ、寂しさを安易に手に入るもので埋めてはいけません。

 

 

寂しさを克服するためには、具体的に次のようなことをするとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 寂しさを、工夫で回避しよう。

f:id:sdaichi444:20170915213520p:plain

寂しさには、耐えるのがキツイでしょうから、

 

まずは、今の気持ちや考えを吐露(誰かに伝える)して見るとよいでしょう。

 

人に伝えるのもわずらわしい、と思う時は、メモや紙に書いてみるのも効果的です。

悩んでいる事や、寂しさの原因について可視化できるという点でも紙に書くのは良いですし、

気持ちを吐き出すと精神が安定してきます。

 

特に布団に入ってからや夜になると、気持ちが落ちてくるので

寝る前に気持ちを吐露すると良いです。

 

 

また、僕の場合は音楽を聴いて寝る。のが効果的だな!と思いました。

 

音楽で感情が落ち着くのと、気持ちを紛らわす事が出来ます。

落ち着いてから、問題に向き合う事で冷静に考えられるという点も良いです。

 

 

 

 

 

寂しさは埋めたいと思うのが心情です。

 

やっぱりつらい気持ちのままでいるのは誰だって嫌だし

 

けれど、その状況だからこそ今の悩みと向き合えるチャンスであるとも言えます。

 

複雑な思いを抱えますが

僕は自分の成長のために、むしろこの寂しさを利用してやりたい!と思っているので

ぜひ一緒に乗り越えていきましょう。

 

ではでは。