俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

ゆとり世代よ、今こそゆとりを持て!!!

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

最近、「自分成長したなぁ~」と感じる事があります。

 

例えば、感情的になって、すぐ怒ったりしなくなったなぁ~と思います。

 

 

我ながらこの進歩はデカいと思っていて、冷静に相手の意見を聞く事ができるようになったのです。

 

さて、そんな中周りを見ていると、

何やら怒られている場面に遭遇しました。

 

んー、なんだろう。

ゆとり世代だ!てめぇらは!と揶揄されることが多い90年代後半の人たちは

頑張るという言葉にちょっと敏感になりすぎてると思う。

 

頑張らなくていい!!!とは言わないけど

 

ゆとりはゆとりでいいじゃないかと思うので、

ぜひゆとり世代もそうでない人も、心にゆとりを持ったら楽しく生きれるよ!というお話である。

 

今日はその「ゆとり」についていくつかお話ししたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いらすとや 走る」の画像検索結果

 

なんかゆとり世代って

すごい頑張りすぎてると思う。

 

というのも、僕がまさにゆとり世代の生き残りであるからなのだが、

 

とにかくシンプルに頑張りすぎ!!!働きすぎ!!!

 

 

なんか飲み会でもルールがどうのとか、段取りがどうのとか

じゃあなぜ上の人が教えてくれない!?www

 

自分で学ぶ!それが社会だ!!!って、

山本五十六が泣くよ。。。

(ぜひ調べてみてください。)

 

とにかく、まわりの期待や反応を気にし過ぎだと思う。

 

てきとーでいいとこはてきとーでいいし、

あれも出来てこれも出来るからって、別に給料100円も上がらないよ?

 

そんなことより、心にゆとり持ってる人の方が

精神的、人間的にも余裕があって、僕は好きだな~。

 

 

きっと、上の世代が時代錯誤フィーバーなんだよね。

妙に自分のルールを押し付けてくるくせに、説明やレクチャーはしない。

 

 

まぁ~、これ耐えられねーわw

 

と仕事のグチはここまでにして、

 

 

 

ゆとりをもって取り組むから、物事に全力で向かえるのだと思うのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 間の抜けた顔がサイコー!

f:id:sdaichi444:20170913233833p:plain

僕は、人の間の抜けた顔が大好きだ。

 

何より、僕も集中してるときや、リラックスしてる時とか

だいたい口が空きっぱなしだ。

 

 

ゆとりを持つ第一歩は、顔のゆるみだと思う。

作業は作業でしっかり行えばいいが、

顔のゆるみがどうとか、シャキッとしろだの

やかましーわwww

 

って思う。

(これはグチではなくマジで思うw)

 

顔がこわばってると、生活の中でもそういう顔になっていく。

怒られるのが日常化して、ストレスで顔がさらにこわばる。

 

やだなぁ~。

 

僕は顔のゆるみこそ、心にゆとりを持つチャンスだと思うし。

 

ぶっちゃけ、人が笑顔で一生懸命やってる姿って、なんかカッコいいし好感持てるんだよね。

 

まぁ真剣な顔もいいんだけど、その中にゆとりというか落ち着く場面が欲しいな。

 

 

なので、人が見ていない場面(自宅など)で

まずは思いっきり顔をだらけて見て欲しい。

 

最初はぎこちないかもしれないけど、

だんだん腑抜けた顔を想像してにやけてくる。(笑)

 

 

その状態が、とてもゆとりを持った良い状態である。

まずは「顔」、ゆとりのある「顔」を作ってみると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 物事には「あそび」が必要。

f:id:sdaichi444:20170913233938p:plain

車のアクセル、ブレーキには

「あそび」と呼ばれる部分がある。

 

これは、ブレーキやアクセルを踏んでも作動しないゆとりを作る事で、

ドライバーが急ブレーキ、急なアクセルを踏まないように

よゆうを持つという目的でそうなっている。

 

これは他の物にも言える。

 

例えば、感情に余裕が無い場合人はどうなるだろうか?

 

おそらく、怒られたり、ちょっと口論、きつい言い方をされただけで

激怒!火山の大噴火!マグマが地表に流れ出す!

のは想像できますよね。

 

 

感情的に怒るほど、無意味なものはありません。

 

むしろ、怒られたり、口論になった時、余裕を持っている方が圧倒的に楽です。

 

 

僕の場合、意味もなく無意味に怒られる事には慣れているので、

「すいませんすいません」と頭を下げ、状況に応じて真面目な顔とニコニコした顔を使い分けると

大体の人は収まってくれます。

 

 

ここで重要なのは、何も感じないようにする。という事です。

 

怒られて怒り返したり、自分でストレスをためる方が

よっぽどマイナスでデメリットがありすぎます。

 

 

とは言え、僕だって真剣に謝る時は心から謝罪しています。

けど、意味もなく怒られたり、一方的で感情的な怒られ方は僕は謝る必要が無いと思うので、

 

そんな時のコツは、「怒ってる人をいかにして元に戻すか?」というゲーム感覚を持つことです。

 

このゲーム感覚で対峙する事よって、最初から余裕をもって相手を伺うことが出来ます。

もちろん、ほんとに怒ってたらまず謝る事を優先すべきですが、

 

まぁだいたい意味を持って怒る人なんていないし、そもそも怒ってる人の話なんて聞きたくないので

 

そういう時は、ゲーム感覚で聞き流すに限ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「黄金長方形」の画像検索結果

では、感情のコントロールが難しく、ゆとりや余裕を持てない人は

具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

僕がいつも意識してるのは、

 

感情が乱れそうになった時、遠心力で外に吐き出すようなイメージを持っています。

 

 

 

どういう事かというと、

怒りや、悲しみ、絶望などマイナスな感情を持って

自分が冷静に考えられなくなった時、

 

それらをまずはボールのように丸めるイメージを持ちます。

 

ボールが出来たら、それを今度は心臓を中心としてその周りをグルグルグルグル回してやります。(※イメージですよ?イメージ)

 

 

そうして、ちょっとずつ、ちょっとずつ外側へとエネルギーを放出させてやるんです。

 

 

そうして、しばらく経つと

 

「あー、危なかったー」と気持ちがマイナスエネルギーに侵食されることを防いでくれます。

 

 

どうしてもイメージを持てない!!!という人は、息を長めに吸って吐く深呼吸をすると結構イメージがするっと持てます。

 

 

 

 

 

 

ゆとりを持ってると、本当に生活が穏やかになります。

 

僕は大体世の中を舐めてかかってる!!!と自他ともに思われてるので、

別にそれでいいと思うし、

 

仏様なんて、みんな目は半開きですよ。

f:id:sdaichi444:20170913234307p:plain

 

まぁ、気楽に生きましょう気楽に。

 

 

本気で向かえる事以外は、全部腑抜けていきましょう。

それがゆとりを持つってことです。

 

人生サイコーw

 

ではでは。