俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

効果的な人生のサボり方、集中力が無い人こそ効率的にサボれ!

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

最近、忙しいと感じる事はありますか?

やりたいことがあるけど、疲れていたり、無理やりやろう!と思っていませんか?

 

 

確かに、為になる事は無理にでもやってみる価値はあると思います。

 

ですが、効果的なサボり方を知っている事で、より充実した生活を送る事が出来ます。

 

 

充実した時間、集中して作業の効率をアップさせるための効果的なサボり方をお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 人生にはヒマが必要。

「いらすとや 勉強」の画像検索結果

 

何かに熱中したり、目的を持って生きる事はとてもいいことです。

 

しかし、成長欲ばかり強くても、実は作業効率は上がっていかないんです。

 

 

例えば、

あなたが短期間で成長したい!と、10冊の自己啓発の本を買ったとします。

 

確かに、こうした行動力は素晴らしいのですが。

10冊もの本を立て続けに読めば、やはり集中力や話の内容が入らなくなる時が来ます。

 

それは、脳の中に情報が入りすぎている為です。

 

どんなにケーキが好きで100個食べたいと思ってても、一気に100個は食べられないのと一緒で、無理にやろうとしても効果はありません。

 

その場合、身体に対して空白を作る作業が必要になります。

 

 

つまり、それが効果的なサボり方という事になるわけです。

 

では、具体的な方法についてお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

  • 寝る事。

関連画像

 

まずはやはり寝ることが効果的です。

 

基本、頑張れば頑張るほど、人間は視野が狭くなるので

思考や、入ってくる情報も苦痛に感じやすくネガティブに捉えがちです。

 

そんな時は思い切って寝てみると良いです。

 

睡眠中、脳内では起きてる間の情報が整理され、思考回路が整理されていきます。

 

思考回路が整理されれば、次に入ってくる情報をキャッチ出来るようになります。

つまり、情報を理解しやすくなるという事です。

 

 

また、情報が中々入らない状態の時は、精神的、身体的に疲れている事が多いです。

食事やお風呂に入るなどのリラックスも良いのですが、

 

やはり体を休めるという意味で睡眠はかなり最適、かつ動物にとって必要な作業なのです。

 

なので、頭と心と体の空白を作る作業として、寝るという行為はとても効果的と言えるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 本を読みたいなら、本を閉じろ。

「いらすとや 本」の画像検索結果

 

僕は最近特に本を読みます。

ここ4カ月だけで20冊以上の本を購入し、すべて読破する事が出来ました。

(そもそも好きだから、別に自慢でも何でもないんですけどね。)

 

しかし、やはりずーーーーーーっと読み続けても毎日の仕事と、やるべきこともたくさんあって

正直疲れてくるっていうのはありました。

 

そこで、思い切って本を一切読まない日を作ったんです。

 

毎日四六時中何かの本を読んでいた時期に、一週間の内2日読まない日を試してみました。

もちろん、本を読みたい欲求はあるので、いざ、読まない日が明けて読み始めると

内容が頭にすらすら入ってくるんです。

 

で、だんだん慣れてくると、四六時中本を読まなくてもいいやって思えてくるんですよ。

まぁ、もちろんそう思いながらも手元には本があって、読みたい欲求に対して素直に手に取って読むんですけどね。

 

だから、本をもっと読みたい!もっと成長したいから本読もう!

って人には、本をあえて閉じる。という方法もあるよ!と言いたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 隙間時間をあえて、サボる。

「いらすとや 電車 寝る」の画像検索結果

 

毎日何かを続けよう。頑張ろう。って人ほど、隙間時間の使い方が上手で、実に効率的だなぁ!と思います。

 

ただ、僕の場合

 

電車に乗りながら、本を読むというのがとても合わないみたいなんです。

スマホでゲームしたり、ブログを書こうとするだけでも気持ち悪くなるというか。

 

せっかく隙間時間があるのにもったいないんですよね。

 

基本、短い間であれば本を読んだりしますが、それ以外の遠出の場合は

音楽を聴いたり、ボーッとしたりするようにしています。

 

 

先ほども言いましたが、脳は情報が多すぎると処理しきれなくなって、なかなか情報を頭に入れてくれません。

 

さらに、人間は五感によって得た情報をすべて(必要ないものも含めて)脳に流してしまいます。

僕のように、乗り物に弱い人なんかは、電車で本を読んだり、英単語を覚えたりするのはむしろ逆効果なんです。

 

 

そこで、

あえて、景色や電車の中の人を観察したり、音楽の歌詞やメロディに集中したりするんです。

 

こうすることで、無理やり情報が入るのを防いでいます。

 

と言うより、リラックスさせて心や頭の空白を作っている。という方が正しいでしょうか。

 

 

いずれにしても、無理にやろうと思わなくていいんです。

それよりも、しっかり集中して物事を覚えたり、作業するためにも、リラックスさせる事の方が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 集中できない人にこそ、効率的なサボり方を。

 

f:id:sdaichi444:20170905202116p:plain

僕はめちゃめちゃ集中力がありません。

 

マジで、昔から先生に「落ち着きが足りません」や「人の話をよく聞いていない」

などまぁ散々書かれたものです。

 

でもきっと僕のような集中力が長くもたない人っていると思うんですよ。

 

 

そういう人こそ、効果的なサボり方を身につけて欲しいなと思います。

 

 

人が短所だと思う所って実は、強みだったりするし、活かそうと思えば有利に働かせる事が出来ます。

 

 

僕は確かに、人の話を聞かないし耳からすぐ抜けていくタイプです。

 

でも、その分人に言われてストレスに感じ続けたり、嫌なことをずーーーっと覚えている事はまずありません。

 

また、集中力が続かない分、短期での目標を作りやすいので

より現実的に物事を進めやすいと思っています。

 

 

このように、自分の短所って実は生かせることがいっぱいあるんです。

 

なんか物事がうまくいかないなぁ~という人は

ぜひサボり方を覚えて、集中するときにガッツリ本領発揮できるようにしましょう。

 

 

ではでは。