俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

落ち込むことは、成長する栄養だ!!!

こんばんは。

 

 

だいちです。

 

僕は歌うことが大好きで、先日ライブを行いました。

 

 

まぁ~、これライブやったことある人なら分かると思うんですが。

 

ライブ終わって「いやぁ~~~今日俺ら最高だったな~」

 

とか言いながら、後日ライブ映像とか見たりすると

「何これ!!全然声出てねぇ!!!全然ギター弾けてねぇ!!!」

 

f:id:sdaichi444:20170830195825p:plain

 

 

なぁ~んてことありますよね。

 

まぁかくいう僕もそれでして、、、めちゃめちゃピノキオとウソップになってた鼻もバッキバキでしたね。

 

 

きっと音楽だけじゃなくて、

自分では一生懸命やったことが思ったより全然上手くいかなかったことってありますよね。

 

 

けど、そんな時も落ち込む事って、ちゃんと意味があるし、価値があると思うんです。

 

今回は、落ち込むことを嘆かず、成長する栄養に変えていく話をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 落ち込むのは、一生懸命やった証拠

「いらすとや 必死」の画像検索結果

 

そもそも、なぜあなたは落ち込むのか。

 

それは、あなたが一生懸命やったからです。

 

 

例えば、

テスト前日も、テスト開始の直前も教科書を開くことなく

テストで5点だったとしても、落ち込まないじゃないですか。

 

だって、全く勉強してないんだし。

0点だっておかしくないところを、5点取ってるわけだし。

 

 

けど、一生懸命前日も、直前も教科書見てたのに

20点しか取れなかったら、めちゃめちゃ落ち込みますよね。

 

あんだけ勉強したのに、、、なんでや、、、って。

 

 

 

でも、それでいいんです。

 

一生懸命やったという事実が非常に大事なんです。

 

「いやいや!結果が良くなかったら全然大事じゃないよ!!!」

と思うかもしれませんが

 

違います。

一生懸命やったかどうかが大事なんです。

 

 

一生懸命やって得られる結果なんて、ほんとはあんまり大したことはないし。

逆に結果が良い時ほど、注意が必要なんです。

 

 

一生懸命やったあなたは、何を思うでしょうか?

あんだけやったのに悔しい!と怒ったり

悲しみで自己肯定感が削がれ、泣いてしまうかもしれません。

 

苦しいですね。

嫌ですね。

みじめで、自分なんてと思ってしまいますね。

 

 

でもそれでいいんです。

 

 

まずは落ち込む事が自然に出来ればいいんです。

落ち込むのを変に我慢したり、自尊心を守ろうとしすぎて言い訳したりしてはダメです。

 

 

そんなことをしても、悪い結果が好転する事は絶対にありません。

ってか、一生懸命やったんだから悔しがらないとだめです。

涙が流れたって良いんです!!!

 

まぁ、確かに結果が良くも悪くもなかったら?落ち込まないんじゃない?

とも言えますが

 

それは一生懸命やってないから、そう思えるのでそもそも一生懸命やってください!w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一体、何が出来なかったのかを知る。

「いらすとや 考える」の画像検索結果

 

確かに落ち込むと、自分はダメだ。と嘆いてしまうけど

 

落ち込んだからこそ気づける事が必ずあります。

 

 

落ち込むのは、一生懸命やったのに、望んだ結果がイマイチだった場合にそうなります。

つまり、期待値を大きく下回れば下回るほど、落ち込みやすいわけです。

 

 

逆に言えば、結果に対して自分はものすごく期待していたと言えます。

何に期待していたのか。

 

それはおそらく自分が出来る!自信を持っていた事なんじゃないでしょうか。

 

僕の場合

 ・前よりも、もっと歌が上手くなっているはずだ!

 ・他のボーカルよりも、一番会場を盛り上げられるはずだ!

 ・俺らのバンドが一番グルーヴ(一体感)があるはずだ!

 

と思ってたのに、

実際他のバンドの方が上手かったり

自分たちの演奏やパフォーマンスは、けっこうグダグダだったり

 

まぁ~、自分のことだからよけいに悪いところが見えてしまいますよね。

(あー恥ずかしい。)

 

 

 

 

お気づきかもしれませんが、

 

そうなんです。

落ち込むと、想像やイメージでぼんやりしていた自分の実力が

より明確に具体的に分かってくるのです。

それが、今の自分の実力なんです。

 

 

自分には何が足りなかったのか、どこがダメだったのかを知るきっかけになります。

ここで、言い訳したり、そうでもないなぁ~と思うのは

やっぱり一生懸命に必死に取り組んでいないし、

自分の実力を見誤っている事に気が付いていません。

 

何が怖いって、自分の実力に気が付かないので、どこを伸ばせばいいのかが分かりません。

つまり、成長速度は遅くなると。

 

遅くなればなるほど、同じ失敗を何回も繰り返しやすいので、イライラやストレスも溜まる。という負の連鎖反応が続いてしまいます。

 

まずは、出来なかったことを素直に認めましょう。

 

認めれば認めるほど、真摯に物事に向き合えます。

 

今までナメてかかっていたな。と素直に反省しましょう。

大丈夫です。世の中自分の悪いところを悪いと言える人の方が少ないし、悪いと認められる人が成長していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 今まで全く見えなかったものが見えるようになる。

「いらすとや 見る」の画像検索結果

 

落ち込むことで、頭を冷やす、冷静になる事が出来ます。

 

自分では気づかないですが、

今自分は大丈夫だ!全然いけるよ!!!というのは結果が出てみないと本当にそうなのか分かりません。

けど、人間だれしも実力を見誤ったり、想像よりも実力が足りないということはあります。

 

仕方ない。それが知れたら、そもそも落ち込んでねーよ!って話なので

 

 

だから、冷静な時ほど、よく考えてみましょう。

特に落ち込むと、出来なかったことに目が行きがちですが、

 

出来たことを見つけてあげる方が、成長に直結していきます。

 

・前は出来なかったことが、少しできた。

・数量なのか、回数なのか、クオリティなのか、どんな風に出来たのかを分析する。

・人に良かった部分を聞いてみる。

 

 

出来たことを受け止められれば、気分も少しは良くなるし、

やったことが無駄ではなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 栄養にするために

「いらすとや 栄養」の画像検索結果

 

出来たことと、出来なかったことが分かったと思うので

 

それを今度は、栄養に変えていきます。

 

やり方は人それぞれの方法で構いませんが、

僕はメモや、ブログなどに文字として書き記すのが良いと思います。

 

 

人は記憶の中だけではすぐに忘れます。

数日たってみると

「まぁ落ち込んだけど、別にいいや!もう、どうでも!」となっては

せっかく自分を成長させる材料を見つけたのに、また同じ失敗をする可能性が出てきます。

 

 

 

とは言っても面倒だなぁ~という人は

感情のままに書いてみる事をおススメします。

 

人に知られたくないというのであれば、こっそりと自分の部屋で紙に書いたり

Twitterでも良いならツイートに思いのたけをガンガンと書いてみたり

 

 

とにかく自分の状態を知っておきましょう。

 

文字に起こしてみて、以外と言い訳だらけだとしたら、

これは素直に認めるべきだ!と思い改められるし

 

ネガティブに自分を責めすぎだ!と思ったら

何が出来たのかをもう少し深く掘り下げて見てみましょう。

 

 

落ち込んでネガティブなったり、言い訳がましく「だって、だって」「でもでも」と言い張る前に、

 

次に自分が良い結果を出せるように考えてみましょう。

 

 

 

ではでは。