俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

失敗しない人生を生きるために、やるべき3つの事

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

最近、たくさんの本を買って読んでいます。

 

その中で、今まさに読んでいるのがコチラ

 『「週4時間」だけ働く。』

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

 

 

 

みんな大好き不労所得が欲しい、石油王に俺はなる!!と思って買った本です。

 

すごく厚くて、読み応えのある文章です。

まだ全部は読み切れていませんが、この本の中で感じた

失敗しない人生を生きるための3つの手段

について、

 

本に書いてあったことを前半3つで、自分で感じた事を後半1つに分けて話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一番恐れる事をやろう。

 

f:id:sdaichi444:20170824203624p:plain

 

さっそくですが、

一番恐れていることをやるのが良いと本に書かれていた。

 

もう少し詳しく言うと、

今自分が「人生失敗したぁ!!!」と感じる要因が何なのかを、明確に言えるか?

がポイントとなる。

 

例えば、借金で300万円まで膨れて、おまけに大学の奨学金40万円も返さないといけない!!

 

なんてことや

 

今、会社を辞めたら、家賃や携帯代や、子ども2人の教育費、それに妻を養っていけるだけのお金ないのに仕事クビになった!!!

 

などなど

 

人によって、一番恐れている事態は様々だと思います。

 

(ちなみに僕は、今会社辞めたら母ちゃんに怒られる。が一番恐れている事態)

 

しかしながら、恐れていることをあえて

やるよ!!と公言し、決断する事で

どうすればそうならないのか?を考える事が出来ます。

 

不安だ、不安だ。と思えば思うほど

不安な要因が見えてくるので、つまりはそれを対処すればいいという事になります。

 

 

なので、

・今やりたいことがある。(無い人は、まずそれを考えてみる。)

・やりたいことをやった時に、どんなリスクがあるか?どんな失敗があるか?を考える。

・どうすれば、リスクを減らせる、無くせるかを考えてみる。

 

を基準に考えてみる必要があります。

 

そうそう、その前に一番忘れてはならないのは

「自分は人生を変えられる」

「変える力を持ってるんだ」

と信じてください。

信じられなくても、信じられるまでつぶやいてください。何十回も何百回も

 

やる、やらないの選択肢で言えば、

やれば出来る。

やらなきゃ永遠に出来ない。

ただそれだけの話です。

 

なので、まずは決断してください。

俺はやるぞ!

正直、それが一番大切かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 不安や不満の原因を知ろう。

「不安 いらすとや」の画像検索結果

いくらリスクヘッジだ、失敗を回避するゥ!

 

なぁ~んて言ってみても

あんたは絶対に失敗しないよ!!!

とは保証できません。(えっ)

 

もっと言うと、

失敗しないで成功するなんて無理です。

 

と、ここまで言うと

「オイ!てめぇー!失敗しないで生きるって言ったじゃねぇ―か!この嘘つき詐欺師が!ヒ〇ルか?てめぇーはよぉ?」

とか言われそうですが、

 

そもそも何が失敗なのか?を知る事がまずは必要だと言っておきます。

はい、うるせーよ!って感じだと思うのでまずは説明しますね。

 

 

多くの人が思う失敗というのは多分こんな感じでしょう。

 

・出来なくて人に笑われる。

・30回も、40回もやったのに全然出来ない。ショック、死ぬ。

・お金払って、やりたいことも見つけてトライしたけど全然できない。

・てか全然出来ない。

 

と、

そしてこう思うでしょう。

「自分は才能が無いんだ。」

「成功した人はもともと才能があったからできたんだ。」

 

 

それは、ある意味間違いではありません。

なぜなら、成功した人は

そんなことも考える暇もないほど1000回、いや10万回ぐらいトライしているから。ある意味努力の天才というか

 

何が言いたいのかというと

成功するかどうかを決めるのは自分だってことです。

 

 

 

話を元に戻しますね。

ここで言いたい話は

「失敗する時にもう立ち上がれなくなるほどの精神的なダメージを負うのが本当に怖いのか?」

ってことなんです。

 

だってそうじゃないですか?

 

どんだけ失敗しても、絶対に周りの人が一人も笑わないで

松岡修造みたいなアツい人に100人以上

「がんばれがんばれ!お前なら出来るよ!」って言われ続けてたら

 

まぁ別に失敗してもいいかな~出来るまでやれば。って思いません?

 

 

逆に、失敗したら必ず、

「え?おまえバカなの?出来ないのに出来るって信じてんの?頭ダイジョウブ??

死ね死ね死ね死ね」って

必ず100人に200回は言われるよ。

 

ってなったら

「絶対に挑戦しねぇ、、、失敗したら精神が病むもん」てなりますよね。

 

 

つまり、失敗する上で一番の障害って

「不安や不満」などのあいまいな恐怖

なんです。

 

まぁ~、実際には失敗すればするほど、

必死になるし、学ぶことも多いし、あいつ頑張ってるなって応援してくれる人も出てくるし

結果的に物事は好転するし、精神力も強くなっていくし

その内勝てたり、成功するんですよ。

 

成功者みんなそうですもん。

だから、失敗しないのが失敗だ。って思うんですけどね。

 

ちょっと自分の考えも混じってしまいましたが、

まとめると

「今自分にとってどんなことが耐えられないのかな?」

「どんなことが起きたら精神的に苦痛ってなるかな?」

を考えるがさらに強固なリスクヘッジです。

 

ここで、僕のおすすめするリスクヘッジをお教えします。

 

とりあえず、別に仲良くしたくない友達のラインを消してください。

自分のことをとやかく言う相手も減るし、言われるかも!という不安もなくなります。

 

あとは、OasisのStand By Meを聴きましょう。名曲です。心が癒されます。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 空気デブの金持ちは本当の金持ちじゃない。

「金持ち いらすとや」の画像検索結果

 

なんか小学生の時に、歴史の教科書でこんなジャムおじさんを見た覚えが、、、

 

 

この本の通りに説明すると、

必要ないものまで欲しがる空気デブは金持ちじゃないので、ホンモノのリッチ(本書ではニューリッチって言うらしいです。)になりたかったら、欲しいものをちゃんと見分けよう。

 

って書いてありました。

多少表現を変えて、書いてあることを易しく分かりやすく言い換えてみました。

 

空気デブって言うか、

いらないものまで欲しい人が金持ちなの?ってことなんでしょうね。

 

いや、分かりますよ?

いらないものまで買えるほど、お金持ってるんだって言いたいってことですよね。

 

でもそれって頭悪くないですか?

 

よく自分の周りにもいると思うんですが、

・やたら使いもしないのに、同じものや飾るもので部屋がいっぱいになってる人

・部屋の掃除もしないのに、やたらフィギュアとかガンプラばっかり多い人

・お菓子のフタとか集めてる人(じゃがりことかね)

 

いますよね?いません?

僕の周りにはいましたよ!?www

 

なんていうか、それって心が貧しい人だと思うんですよね。

 

それらを買うお金は持ってても、

お金の使い道も知らなければ、他人や自分自身を真に幸せには出来ない人

だけど、救われない自分って思いたくないから

物で必死に埋めようとする。

 

ぶっちゃけ、そういう思考の人がお金持ちになっても

「なんで10億円も稼いだのに心が満たされないんだ!!!」

ってなると思いますし。

 

それって結局、世間で言う所のお金持ちってだけで

 

自分自身の満足に直結してるか?って言われたら

繋がって無いと思うんですよ。

 

だって、本当にその人が欲してるものってお金では買えないものだから。

 

あぁ、話がそれたので戻すと

ようは、お金が欲しい!って思うんじゃなくて

・お金をどう使うか?

・これにお金を使ったら楽しくなるか?

を考えるのが、お金に振り回されない生き方になる。

 

と本には書かれていました。

 

 

ここまでで、説明したことを意識すれば

明日から、いや今日今から

 

あなたが思ってる

「人生の失敗」はほとんど無くなるんじゃないかと思っています。

 

本質は実に単純です。

「ようは、自分がどう思うか、考えるか、とらえるか」

です。

その為のヒントになる部分を説明してみました。

 

 

では、最後にこの本で感じた事で

失敗しない人生を生きれるぞ!と思うポイントをお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 常識を疑え、壊せ、覆せ!!!

僕がこの本で感じた一番のポイントであり、

あなたにぜひ伝えたいこと。

(なんなら本の中で筆者も言ってたw)

 

 

それが

常識を疑え!です。

 

 

いつの時代もそうですが、

 

常識を覆す人、常識を打ち破ってきた人は

 

ある人には「あいつはキチガイ、おおバカ野郎、頭イカれたヤバいやつ」

と思われ

ある人からは「あの人は非凡すぎる天才だ」と言われています。

 

 

 

実は世間で言う常識っていうのは、非凡じゃない人(普通の人)が生活に困る事がないように生きていけるように考えられたルールなんです。

 

つまり、

世間の大量の普通の人になりたかったら、常識を守りましょう。

ってことなんです。

 

だって、簡単ですよ?

みんなと同じ事すればいいだけなんで、

 

みんなが遠くに行くには新幹線だ!って言うなら新幹線に乗るだけだし

20歳を過ぎた社会人は、一つの会社に勤めて人生の伴侶を見つけるべきだ!

って言うなら必死になって会社で働いて、合コンでもお見合いでもなんでもして結婚すればいいんで。

 

で、察しの良い人ならもうお気づきかと思いますが

 

そういう人生ってマジでつまんないんですよ。

 

言ってしまえば、

人と同じことして同じ結果だけ得られて何が楽しいの?

ってマジで思います。

 

 

だから、そうなりたくなかったら一つしかありません。

 

人と違う事をすればいいんです。

人が新幹線に乗れよ!って言うなら

ヒッチハイクでお金をかけずに移動してみればいいし

 

お前は良い会社に勤めなきゃならないんだ!って言うなら

会社辞めて、自分の自由に生きればいいし

 

結婚しろ結婚しろって言うなら

独身でもたのしくやってやればいいんです。

 

 

これはあくまでも一例ですが、

人と同じなんて誰でも出来るし楽勝なんですよ。

 

だけど、人と同じってことは常識に従う事になるので

自由には絶対に生きられません。

 

 

だから、自由に生きたかったら簡単です。

 

常識を無視しましょう。

 

アホみたいに挑戦しましょう。

お前無理だよ!ってこともガンガンやりましょう!

出来ないからやめときな。って言われた瞬間にやってやりましょう。

 

ちなみに僕は、「絶対にそれは無理、やめとけ、その内普通にやめてるよどうせ」

って言われて今も毎日ランニングしています。

 

 

言いたい奴には言わせておけばいいのです。

どうせやつらは、安全地帯で身を寄せ合いながら

守ってくれる人も、娯楽もいっぱいある中で生きているのだから

 

そういう世界で生きたいなら、それは個人の自由なので止めません。

 

ただ、彼らは常識の中で生きているので

絶対に不満と不安を持ち続けて、大きく成長することなく死にます。

 

僕はこの光景を

自ら、車輪に首を突っ込んで、同じところを回り続ける人

と呼ぶことにしました。

 

そして彼らは今日も言うわけです。

「まぁ、自分が一番の最低じゃないし、いつか良くなるから、このままでいいか」

 

ならねーよ。なるわけねーだろ。

常識の中で一生回り続けろ。

 

 

 

失敗しない人生を生きたいと願う人々へ。

 

僕もそう願ってやまない。

僕も今の自分を変えたい。

今の自分が最高だなんてこれっぽっちも思ってない。

 

だから、毎日焦ってる、困ってる、迷ってる。ころんでる。弱音も吐いてる。

 

だけどこれだけは言える。

 

俺は自分に誇りを持って生きてる。

自分の命を大切に今日も生きている。

 

だから、ほんの少しでも前へ進みたいと願う人へ

ほんの少しでも背中を押すきっかけになれたらいいです。

 

 

今回ご紹介した本は間違いなく面白いので、ぜひ1度読んで見てください。

 

ではでは。

 

 

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。