俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

みんなと一緒じゃなくていい、孤独で交わろう

こんばんは

 

だいちです。

 

 

 

朝、駅へ向かう道中でたくさんの高校生や大学生とすれ違う。

 

まぁ、それは

住んでる近くに大学や高校があるからなんだが、

 

 

でだ、

最近特に思うのが、

「みんなと一緒じゃないと動けない人」が多すぎる!!!!

ってこと。

 

これにとてつもない虚しさを感じるので、お話ししていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 赤信号、みんなで渡れば怖くない。

「友達 イラスト」の画像検索結果

よく昔からこんなことわざ(いや、ことわざじゃねーが)

を耳にしたことは無いだろうか。

 

みんな、つまり大勢で何かをするのはとても安心、な気がする。

 

当たり障りない態度を取っていれば、嫌われる事はない。

いわゆる、空気読めない行動を取るより正しいように見える。

 

しかし、その分大きなものを失っている事に気が付いているのだろうか。

 

それは、時間お金である。

 

 

 

おいおい!待ってくれよ

時間はなんとなくわかるけど、お金なんて取られてねーぜ

このご時世にカツアゲされてなんかいねーよって思った人はよく考えて欲しい。

 

もう一度言うが、時間とお金の両方が奪われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • みんなから、奪われるもの

「時間 イラスト」の画像検索結果

集団でいるとまず奪われるのが、時間だ。

 

例えば、毎日何人かで待ち合わせをして登校、出勤するとする。

 

その場合、

待ち合わせの時間に合わせなきゃいけないので、その時間に合わせた行動になる。

朝早く起きたりすれば、いつもの朝食や歯磨きは出来ないかもしれない。

 

その時点で、他にもいろいろ奪われている気がするが

とにかく、時間を奪われる事が多いと思う。

 

 

そしてその次に、お金が奪われる。

「お金 時間イラスト」の画像検索結果

例えばこんな場面

飲み会や、下校途中、休日遊びに誘われた時など

そんなに行きたくもないけど、という気持ちなのに

ついつい行ってしまうような時である。

 

そういう場面で使ったお金は、半分は意味が無い。

残りの半分は勉強料である。

 

初対面やあまり話したことのない人気が合うかもしれない

逆に二度と会わなくていいや、と無駄なお金を省けるかもしれない。

という意味で学べる。

 

 

が、

 

 

多くの場合、

いい出会いがあったという話は聞いたことも見たことも無いし

二度と行かない。

と勇気をもって行動に移せる人もほとんど見ない。

 

つまり、

つるむ人は皆さん同調圧力や集団依存に見事に飲み込まれているというわけである。

 

もちろん、

自分が自ら望んで集う事までは否定するつもりはない。

 

ただ、多くの場合

みんなと一緒が良いと思ってる人は、依存度高めのパンピー(一般人、量産型の人)である可能性がある事は指摘しておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • なぜ、みんなと一緒でいたいのか

「いじめ イラスト」の画像検索結果

集団でいたいと思う理由は

「嫌われたくない。」

とか

「いじめられたくない。」

とかであろう。

 

それは分かる。

むしろ、全く空気も雰囲気も読まない人は、僕だって好きではない。

というか、最低限場の雰囲気や空気感を察知するのが礼儀ではないかと思うぐらいだ。

 

しかし、集団でいる事に慣れると

先ほど述べたように、時間とお金が奪われ続ける。

また

 

そして、多くの人が考える「いじめられたくない」とか「嫌われたくない」とか

「かわいそうなやつ」と思われたくない。というのは

あまりにも杞憂すぎる。

 

そこまであなたの事見てないって。

 

逆に、真剣に考えてくれる人たちならば、

一度飲み会や集いを断ったところであなたを嫌いになんてなるわけがない。

 

そんなことよりもっといい方法でみんなと一緒にいる方法がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 孤独で交わろう。

AquaTimezの「最後までⅡ」という曲に

「孤独で繋がることができるはず」って歌詞がある。

 

これを聴いた時

孤独で繋がれれば一番安心じゃん!って思った。

つまりはだ。

 

みんなと一緒だと、自分の時間を削る事があるかもしれない。

それは、よくないと思う。

 

だけど、

友達や仲間が多くいたらそれは楽しいと思う。

そこで、

自分のやりたいことで繋がればいいと思う。

 

例えば、ネットやライブハウスや部活やゲームなどなど、

人が集うコミュニティは様々ある。

 

 

 

また、自分の趣味に没頭する事で面白い事をたくさん知ることが出来る。

面白い人には、自然と人が寄ってくるものである。

 

合わない集団で、自分の価値を理解しない人といるよりも

共通の物が好きな人同士で盛り上がればいいじゃん!

 

という事である。

 

 

 

 

 

  • 集団に依存しない生き方

最後に一つ言いたいのは

集団に依存しない方がいいという事である。

 

集団でいる事は、僕だって全くないわけでない。

 

どうしても、集団でつるむ事がその場にとっていい場面はある。

 

だが、自分の時間や、お金まで犠牲にして

たいして好きでもない集団でいる事は

 

意味ないぜ、これっぽっちも

 

 

孤独で何が悪い。

孤独な人ほど、人優しさに素直になれる。

自分に嘘をつかずに涙を流せる。

他人をバカにしたろ批判する事なんて意味が無いと気が付ける。

 

一人だからこそ、自分の事をちゃんと見つめる事が出来る。

 

一人の時間は大いに大事であるのだ。

 

 

だからさ、

みんなで一緒じゃなくていいから、孤独で交わりましょうよ。

 

ではでは。