俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

自由に生きるために誰でも出来るたった一つの事

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

先日スーパーで買い物をしていたらこんな場面に遭遇しました。

 

 

店員さん「安いよ安いよ!今日は北海道のグルメフェア!!!

ぜひお試しあれ!!」

f:id:sdaichi444:20171215210909p:plain

 

渡された試食を食べていると、すぐさま

 

店員さん「どうですか?美味しいでしょ?

今ならこの海の幸エビ、貝、イカのお得セット

300g3000円を、まけて2000円で良いですよ?どうですか?」

 

 

「(うわ、、、高いし断りてぇ、、、)」

 

 

 

あなたなら、こんな時どうしますか?

 

 

 

今回は、自由に生きるために誰でも出来るたった一つの事

についてをお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

  • 自由に生きるためには

先ほどの答えを言う前に、知っておかねばならない事があります。

 

 

そもそも、自由に生きるって具体的にどんな事を言うのか?

 

僕の思う、自由に生きるとは

「自分で選択できる事」

だと思っています。

 

例えば、今日はお寿司が食べたい。

「いらすとや お寿司」の画像検索結果

 

 

もし手元に「一万円」があれば

食べに行くことが出来ますよね。

 

でも、「100円」しかなかったら?

残念ながらお寿司は食べる事が出来ません。

 

自分で選択できる事とは

「お金」や「食べたい物」を、得たい!と思った時に選択できる力

と言い換える事も出来ますね。

f:id:sdaichi444:20171215213214p:plain

 

 

 

 

では、

 

 

 

さっきの試食の話とどうつながってくるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • あなたならどうしますか?

場面は最初に戻ります。

 

もうお気づきかもしれませんが、

自由に生きるために誰でも出来るたった一つの事とは

 

断ること

なんです。

f:id:sdaichi444:20171215213653p:plain

 

 

 

ん?なんでだ?

と思った方の為にもう少し詳しく説明しますね。

 

 

 

 

先ほど僕は、自由に生きるとは「自分で選択できる事」だ。

と言いました。

 

 

ならば当然、自分で自由に断る事も出来るはずです。

 

 

試食した商品を買わされそうな場面

「でも1000円まけてくれてるし!」

「オレ、貝とかエビ好きなんだよなぁ」

「お寿司も海鮮も、最近食べてねーな」

「2000円出したら、貝とエビが沢山食べられる」

 

なーんて考えている内に、

今にも「お買い上げありg、」まで言いそうな勢いの店員さん

 

 

あなたなら、断りますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 断るのって結構しんどい

断る場面とは、何も試食だけではありません。

 

仕事場や、学校などのいつメン(いつものメンバー)で

遊ぼう!

飲みに行こう!

と、言われた時

f:id:sdaichi444:20171215214930p:plain

 

 

本心は

「別にそこまで行きたいと思わねぇんだよなぁ。。。」

「めんどくせぇなぁ」

「帰ってゲームしたいのに」

 

なんて場面ありませんか?

 

その上、相手が気の強いタイプだったり、年上だったり、いつも仲良くしてくれている人だったりすると、よけいに断りづらいですよね。

 

 

 

もしかしたら、もう二度と誘ってくれないどころか

「あいつ、ノリ悪いから誘うのやめるべ」

なんて思われたら嫌ですよね。

f:id:sdaichi444:20171215215240p:plain

 

 

でも、そうやって自分の気持ちを押し殺している限り

 

絶対に、自由に生きる事は出来ません。

 

 

繰り返しますが

自由に生きるためには、自分で選択出来ないといけません。

その場合、人間関係の問題は避けては通れない。

 

 

ましてや、人付き合いで「断ったら嫌われちゃうかも」

と自分だけが我慢するのっておかしくないですか?

 

 

いずれにしても、「断る」という事が自由を手にする第一歩なんです。

 

特に「なかなか断ることって出来てないなぁ」と感じる方なら、より効果があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • まずは知り合いじゃない人から

人に断るのが苦手だ!という方は

 

まずはあまり知らない人から断ってみましょう。

f:id:sdaichi444:20171215222716p:plain

 

先ほどのようにスーパーの店員さんでも良いですし

ティッシュを配ってる人

コンビニで「温めますか?」「お箸はおつけしますか?」と聞かれたら

「いりません」と言う。のもいいかもしれません。

 

 

とにかくまずは、自分で選ぶ。という事を基準として考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

仲の良い人に断る場面になったら

こんなことに気をつけて見てください。

 

①まずは「申し訳ない」という気持ちを伝えましょう。「誘ってもらって申し訳ないけど」

…断る上で、相手の気分を害さないための基本中の基本です。

 

②理由と、意志を伝えましょう。「今日は疲れてて帰ってゆっくりしたいから」

…相手に不安や疑問を抱かせないので、変に思われない為です。

 

③その上で、自分の意志を明確に伝えましょう。「行けないです」

…明確に伝えないと、相手も断られたのか何なのかよくわかりません。

 

以上の3点を気を付けて伝えられれば、

相手にもしっかり伝わるし、こちらの印象が悪くなるという事もありません。

 

慣れてくれば、

相手によって伝え方を変えても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

最後に、

断るのは、あなたの人間関係を悪くするためではありません。

何度も何度も不必要に断っていると、

そもそも出会いや人間関係が深まりにくいのは事実です。

 

 

あくまでも、目標は「自分で選択出来ること」という事を忘れないようにしましょう。

関連画像

 

 

 

 

 

ではでは。

Twitterのフォロー切りは、悪か正義か

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

 

 

最近、誰かに助けてもらったり、

誰かのおかげでなんとか維持出来てる事が多いと感じます。

 

 

人と人同士が関わるこの社会で

関わる人を大切にすることは、非常に重要な事なのではないかと思うわけです。

 

 

そこで、

 

常々疑問に思っていたある疑問について今日はお話ししたいと思います。

 

 

そう、タイトルの通り

Twitterのフォロー切りは悪か正義か?

という話です。

 

 

 

 

ではいこう

 

 

 

 

 

 

  • Twitterのフォロー切りとは

Twitterとは、、、なんて説明するまでもないほど

SNSと言えば!で連想する

代表的なアプリケーションの一つです。

「Twitter」の画像検索結果

https://is3-ssl.mzstatic.com/image/thumb/Purple118/v4/3d/8c/42/3d8c429c-14a4-f1e3-fd54-98696bb06ae9/source/1200x630bb.jpg

 

 

そんなTwitterで、フォローした方と仲良くなったり

あるいは、リアルタイムで出会った人と関わりを深めたり

 

まぁ、仲良くなるには、互いのアカウントをフォローし合う

いわゆる「相互フォロー」が使い方としてあります。

 

 

しかし、ライブやイベントなど

リアルタイムで会う機会が増え、フォロワー数が増えれば増えるほど

 

相互フォローしている中、なかなかフォローを外す事は出来ないものです。

 

 

そりゃそうですよね。

 

だって、これまでフォローし合っていた相手に

「もうお前とは関わりたくねーから。」

と無言で告げているようなものですから。

 

ここで言う「フォロー切り」とは、

相互フォローをしていた関係から、フォローを外す事を指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • そもそもフォローを外せない原因は何なのか?

 

 

そもそもなぜフォローを外しにくいと感じるのか?

 

 

理由はいろいろあると思います。

 

 

僕のアカウントを例にあげてみましょう。

f:id:sdaichi444:20171113204657j:plain

 

 

はい、まずこの熱い男ってのが普通に気持ち悪い。

何熱い男って、4番目とかどんだけ自意識過剰なの?

なんなの?

頭が沸いてるって意味でアツい男なの?

遠回しな自虐なの?

 

みたいな。

 

リアルタイムで「大地」ってやつと会ったから、フォローしてやったけど、、、

こいつのツイートクソつまんねぇし、生理的に無理なんだけど!!!

 

みたいな。

 

まぁ、程度に多かれ少なかれ差はあるとしても

大半の方は

「その人が好きではなくなった。(あるいは嫌いになった)」

と言う理由が一番多いと思います。

 

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですよね。

 

 

ただ、ここで

仮にこの「大地」というアカウントの持ち主が

自分の今のコミュニティに大きく影響を及ぼす関係(同じ学校、ライブ仲間、いつメン、お世話になってる一人)だった場合

 

これってなかなか切れなくないですか?

 

ってか切れないよね。ふつうに。

 

だって、自分より影響力強い人だとしたら

「なんだよこいつ、俺の事フォロー外しやがって、こいつとはもう二度と仲良くしねぇわ

って思われたら嫌じゃないですか?

 

 

だから、せめてミュート(相手を自分のツイート上に表示しない)

うまーく直視しないようにとか

 

してる人いると思うんですよ。

 

まぁ、ブロックまで出来たら、そりゃもう悩まないわけで。。。

 

 

つまり、僕が言いたいのは

 

このフォロー切りをするかどうかで迷って

結局、仲良くしたいんだかしたくないんだか、良く分からない人と

つながった気になって、さも人脈って大切だよねぇ、仲間ってすんばらしいよねぇ

 

みたいなキレイゴトが

くそきもちわるい

と思ってるって話です。

 

いや~~~めっちゃ口悪いけどもw

 

でも、実際それを人脈って扱う人がいるとすれば、

次の話を聞いたうえでも同じことがいえるのか?

と、

僕は問いたいぞ!

 

…問いたいぞ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 人を大事にするとは、

あのですね、

 

ほんとこんなエラそうなこと言いながらも

僕自身やっと気が付いた事なんで

 

同じ失敗をしてほしくないのでどうしても言いたいわけです。

 

 

人を大事にするって言うのは

過去の出会いに依存する事じゃねぇぞ?

 

と思うのです。

 

 

Twitterに限らず、過去に出会ってきた人達が

今、現在の私たちの友達であり、知り合いであるわけです。

 

それは間違いない事だし、仲良くした思い出も、良いやつだな!

と感じた思いも何もおかしなことではありません。

 

それらすべてが事実です。

 

 

しかし、

あまりにも過去の出会いに執着していると

そもそも新しい出会いがありません。

自分が成長しません。

 

 

そりゃそうですよ~

 

だって、いつもご飯食べたり、遊びに行ったり

そこまで密じゃなくても、

いつもツイートを見ている相手なんですよ。

 

考え方も同じままだし、

自分の意志を持って行動する事も出来なくなると思います。

 

 

 

 

ましてや、今自分はその人と強く関わりたい!と思っていないのです。

そんな思いのままで相手を手元に残して

 

人脈だつながりだ仲間だ。

 

って言ってて

 

めっちゃ寒くないですか?それ

 

 

それで相手を大事にしたいって

いやいや、お前大事にしてねぇ―じゃん!!!ってツッコミ入りますよ。

 

まぁまぁ、

ここはフェアに自分の話をすると、

 

僕もついこの前までそういう人間だったんです。

 

 

人脈だの、人とのつながりだの、仲間だのって

マジで頭沸いてるんじゃないか?っていうか沸いてました!!!

 

せっかくフォローしてくださった人を、自ら外すなんて、、、、

 

おまえ人を大事に思ってないだろ!!!!みたいなことを思ってました。

 

 

 

けど、前述の通り、

 

僕は人を、出会いを大事にしたいから

無意味な相互フォローの関係は害悪でしかないと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ぶっちゃけ、合わない人がいて当たり前。

まぁ、合わない人なんていて当たり前ですよそりゃ。

 

ましてや、その人が心底嫌いで、無理無理、気持ち割るスギィ!!!

なんて思いでフォローを外す人なんていないと思います。

 

 

少なくとも、僕は

誰とでも仲良くなんてなれないし

むしろなんだコイツみたいなことを思ってしまう方だから

 

そういう自分も含めて

まぁ「大地」ってヤツの事フォローしてやってもいいか。別に。

 

ぐらいのスタンスで来てもらわないと

こっちも自分曲げてまで仲良くなんて出来ないし、、、、。

 

 

・・・ッネ

 

出会いがあるから別れもあるように

 

別れがあるから、出会いがあるんだと僕は思います。

 

 

 

あと、正直フォローしたり、LINEで友達になっていないとつながれないって

 

ぶっちゃけつながり薄くないですか?

まぁ、たいてい仲いい人とはSNSでもつながっているのでそれについて追従は出来ないんですが

 

 

いずれにしても、フォロー外したからってその人を心底嫌いになるわけないし

(少なくとも僕は)

 

自分がフォロー外されても、「ふーん」ぐらいのテンションで受け止めようって思います。

 

 

って今こうして書いてる間にもフォローが外されていたりするんですけどねwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ある意味自分に欲張りで生きたい。

結論、僕はとてもねじ曲がってて、欲張りな性格なんだと思います。

 

 

いや、てめーのパーソナリティはいいよ。って話ですが

 

 

結局、本当の自分を好きになってもらえないことの方が

屈辱であり、苦痛であるな。

 

と感じたんですね。

 

 

ある人がこんな事を言っていました。

「友達は少ないほどいい。

友達が少ないってことは、それだけその人を信用し人を吟味している証拠

だから信頼性がある」

 

と、

 

 

その言葉を聞いた時は

 

ん~~~~どうだろ

 

と思いましたが

 

今ならわかる気がします。

 

人間は常に130前後の人と深いつながりを保つことが出来ないそうです。

 

 

つまり、

20,000人友達と呼べる人がいたとしても

19,870人は知り合い

ってことです。

 

 

そりゃね。。。

 

365日の内20000人全員とお茶したり、カラオケ行ったり、ライブ見に行ったり、イベント参加したりしてたら

 

お金が続かないし、何より自分の時間も保てませんよね。

 

 

 

だから、Twitterのフォロー切りに関わらず

 

誰かと別れることがあったとしても

 

一喜一憂することなく

 

ただ、心から出会ってくれてありがとう。

 

とさえ思えたら、本当に素敵だなと思うんです。

 

 

 

というわけで今日はこの辺で

 

 

ではでは。

幸せ迷路に迷い込んだ君へ。ありのままを貫く勇気と覚悟を

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

 

およそ一ヵ月ぶりの更新になりました。

 

言いたいことは山ほどあるのですが、今回は自分が体感した

「幸せ迷路」について説明するとともに

 

これからを生き抜く上で大切だと思った事をシェアしていく記事になります。

 

読みづらい点あるかと思いますが、ご容赦を。

 

 

 

 

 

 

 

  • 幸せ迷路

まず、「幸せ迷路」とは何なのか。

 

幸せ迷路とは、「幸せになりたい!」という欲求で迷子になる状態。

 

のことです。

 

具体的には、

好きな事でお金を稼ぎたい!

と思ってるのに、結果がなかなか出ない場合に、

アレもしたい!これもしたい!と移り気になって

 

結果として本当の願望を見失って、どこにも進めなくなる状態を指します。

 

そう、まさに僕のことです。

 

幸せになりたいと思うのに、理想とかけ離れてる。

 

いや、そもそも理想の姿すらよく思い出せない。

 

そもそもなんで俺、ブログなんて書いてるんだっけ。

 

なんで走ってるんだっけ。

 

 

すべてに迷子でした。

 

その中で一ヵ月真剣に自分の欲望、願望と向き合って

ほんの少しですが道筋が見えました。

 

 

 

 

 

 

  • 僕は、やっぱり音楽がやりたい。

お金が稼げるとかぶっちゃけ本当はどうでもいいです。

 

僕は、やっぱり音楽がやりたい。

 

 

そりゃあ、好きなことでお金を稼げるようになればいいですし、

好きな事でたくさんのお金を稼いでみたい!とも思うには思います。

 

やはり、ある程度のお金は必要ですしね。

 

けど、

 

だからと言ってやりたいことを犠牲にしてまで、お金を稼いで

空いた時間で好きなことを。

 

という生活が正しいとは思えないし

それが僕の理想ではありません。

 

 

もし、やりたいことが一つだけ叶うとしたら

 

きっと僕は音楽をやる

中でも歌を歌う

 

という選択以外選ばないだろうと思いました。

 

 

この一ヵ月も、誰にも指示されたわけでもないのに

カラオケで歌を本気で練習し、

 

ギターの弦を張り替え、ギターをたくさん弾いて

 

ああ、やっぱり自分は音楽がやりたいんだな。と思いました。

 

 

 

 

 

  • 自然体でいる。

また、自然体のまま生活した中で

やりたいことはたくさんある事に気が付きました。

 

僕が音楽の次にお金を使うのが、

漫画やアニメでした。

 

声優さんが大好きで、いつもその動画やラジオを聴いています。

中高ではずっと絵を描き続けていたので、絵(イラスト)も書いてみたい。という気持ちにもなりました。

 

それと同時に、これまでは自然体でいるという事がなかなか出来なかったんだなぁ

と感じました。

 

言ってしまえば、無理にカッコつけてる。

 

ブロガーや音楽でのすごい人を目の当たりにして、

「俺もあんな風になりたい!」と他人と言う枠に自分を無理やり押し込めようとして。

 

もちろん、そのモデルがあったからこそ、指針となって進めたのも事実ですが

 

 

だいちは、だいちのままで

 

タバコ吸いながらグチ垂れてるサラリーマンにもなれなければ、

ましてや、UVERworldTAKUYA∞にだってなれません。

 

でも、僕自身には絶対になれるんです。

 

だから、そのためにも自然体で自分の本当にやりたいことに目を向ける勇気が必要だと思いました。

 

 

 

 

  • 幸せの形は自分が決める。

大好きなUVERworldの曲にこんな歌があります。

「在るべき形」という曲です。

 

「誰に期待されてなくていい

 

誰もがあなたの願いに絶望を抱いてたとしても

 

構わず進んでいけばいい恐れないで何もかも

 

君自身が終わらせるかどうかだろう

 

在るべき形を

 

他の誰かの正解は僕の答えじゃない」

 

 

他の誰かの幸せは、僕自身の形ではなかったんです。

 

けど、成功している人を見てそれになろうとするのは

当たり前と言うか、そうなってしまうと思うんです。

 

自分に成功体験や実感、経験が無ければなおのこと

 

だけど、そこでよく考えて見て欲しい。

 

 

本当に自分はUVERworldTAKUYA∞になりたいのか。

本当に自分はプロブロガーで売れっ子になりたかったのか。

 

理想はいくつもありますが、

 

本当の願いは常に自分の身近なところにあるとおもうんです。

 

それが僕の場合

 

「音楽、歌う事」であり、

「アニメや漫画に携わる事、自分がそれを生み出す事」

だと思ったんです。

 

 

また、親にもものすごく感謝をしているので

親含め、関わってくれる人に何かしらのチカラになりたい。

幸せにしたい。

という願いもあります。

 

もし、あなたが今の現状

例えば学校や会社

 

所属する組織、村、集合体に満足していない。と感じるのであれば

まずは環境や人に感謝することを意識すればいいと思います。

 

そうすれば、自分にも感謝=自尊心がおごり高ぶらず身に着くので

自分に対して大切にしようとします。

 

当然、まわりにも大切にしたい。と思うので

 

大切に出来ないような環境に敏感になるはずです。

 

 

自分、ぼくを信頼してくれる人、感謝したい人

その人達に愛される自分(よどみのない自尊心を持った自分)を保つためにも

 

自分が望まない環境に居続ける事は無意味だ。

 

と思えるはずなんです。

 

僕も、会社を辞める。とブログで宣言してから、

「あれは間違いだったのか、気の迷いか」などと思いましたが

 

絶対に違いますね。

 

僕は、お金が欲しくて会社に固執しています。

目の前の生活の安定欲しさに、3、4年後の理想の生活を切り崩しています。

 

理想や自由な道はきっと、自分で選び取れるんです。

 

 

ただ、勇気と覚悟を持って前に進まなければ本当に欲しいものをどんどん逃していく。

 

 

僕は自分の願いを叶えたい。

理想の自分になりたい。

自分が本当に真に望むライフスタイルが送りたい。

 

 

今心からそう思って前に進める気持ちになりました。

 

もし、幸せってなんだっけ?ってなったら

1ヵ月、2か月と、必要最低限のタスクに絞り

あるいはタスクをすべて停止し、

 

自分の幸せを、自然体でとらえてみることをお勧めします。

 

挑戦者に勇気と覚悟を。

 

情熱を。

 

 

ではでは。読んでくださってありがとうございました。

 

 

(おまけ)

ここ数週間で勇気をもらった曲を載せておきます。


奥田民生 - さすらい

 

 


ソロ作品で最大のヒット曲!! 玉置浩二 田園特集

 

 


いいなCM サッポロビール 企業広告 「乾杯はつながる」篇

マルチにどっぷり洗脳された男の末路

こんばんは。

 

 

だいちです。

 

 

 

今超絶気分は最悪です。

 

僕は、世で言われるマルチというヤツに

まんまと洗脳されました。

(今は辞められた。)

 

 

いや、被害者ヅラするつもりは一切ない。

 

僕はあろうことか、人の信頼や人の未来までも奪おうという位置にいたのだから。

 

まずは救ってくれた友達や、心配して助言してくれた方に心から感謝とお詫びを申し上げたい。

そして今日のブログはとても口が悪くなることを許してほしい。

 

 

グダグダ話してても仕方がないので、

僕が実際に体感したマルチの恐怖についてお話していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • マルチとは

マルチとは、マルチ商法連鎖販売取引と呼ばれる販売形態の事。

他には、

ネットワークビジネスや、ネットワークマーケティングなどと呼ばれてもいる。

 

このビジネス、何が問題かと言うと

 

人の信頼、本当に心から大切にしたい友人を失う。

 

という点である。

 

なぜなら、マルチは人から人を介してのみ、そのビジネスが成立するからである。

 

つまり、個人に対し、

各々でよかったら買ってくれ。

と言うと自分への報酬が入らないのである。

 

故に、自分を介しての販売に力が入り、強引な勧誘

所属コミュニティ以外を排他的に見る傾向が強い。

 

 

合法的に許されている。というものもあるが

法に触れてねーから、借金させて破産させても文句ないのか?

と言えるのではないだろうか。

 

まぁ、この辺は「マルチ」で検索すると嫌と言うほど出てくるので、分からない方や詳しく知りたい方は調べてみると良いでしょう。

 

 

それにしても、今のマルチってほんと巧妙に出来てるなぁ。って思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 出会い系サイトは、マルチの巣窟

僕がこのマルチ集団に出会ったのは、

某出会い系サイトでした。

 

 

起業名も有名だし、企業案件でブロガーも書いてるトコロだし

俺もちょっとネタで一ヵ月やってみようかな!と思ったのがきっかけである。

 

事実、確かにマルチじゃなくてつながる事が出来た人もいた。

 

 

が、

ほぼ同時期に2人もマルチの女性に出会っていた。

(最初はこれを偶然だと思っていたが、なんてことはない。カモだと思われていたって話だ)

 

 

これは余談だが、

恋愛における運命や、あまりにも良く出来過ぎている偶然

だいたいウラがあると思った方が良いです。

このご時世、マルチ以外にも様々な危険が潜んでいます。

 

 

 

で、

 

 

そこで出会った女性にある人を紹介してもらいました。

(まずこの、紹介する!ってのが危ない)

 

その紹介された方を仮に「Mさん」としましょう。

 

女性「Mさんね、めっちゃすごいよ!ビジネスやりたいって人きっと応援してくれるから!」

 

 

この時、僕は疲弊しきって、ワラをも掴む思いで会いに行く。

 

 

Mさんの家に行った。

 

今日は経済についてのセミナーをやるという。

マネーリテラシーやら世の情勢について知ろう!という会合らしい。

 

 

ぶっちゃけ、コミュニティを作るとこんな楽しいことがあるよ!

(例、旅行にいける、パーティー出来る、最高の仲間に出会える、など)

 

なんて話はどうでもよく、

 

ビジネスや自分の生活を少しでも向上させて、人に貢献する事を学べるなら何でもいい!とにかく吸収したい。

という気持ちだけだった。

(そこを上手く利用されたってことなんだろうけどね)

 

 

 

そして約1週間近く通い、読んだ方が良い本、見ておいて欲しいセミナー(映像も)

などなどをこなし、これで少しでも前に進めるならばと寝る時間ギリギリまで勉強していた。

 

 

が、事態はある出来事で激変した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • いくつかの違和感

最初に違和感を感じたのは、

 

やけに笑い方が変な人が多い

と思った事。

 

 

ビジネスにも納得して、誰でも努力次第で前へ進める。

そんなビジネスに携わり、加えて仲間と切磋琢磨していける環境にあるというのにも関わらず

 

なぜ、この人たちはこんなに変な笑顔をするんだろう。

まるで、何かを隠しているかのような・・・。

 

 

そして二つ目の違和感は

情報をとにかく開示したがらない事。

 

確かに、自分はつい一昨日出会ったような人だけど、

それにしたって心閉ざしすぎだろ。

 

人を介してビジネスを行い、人を幸せにするためにビジネスをやろうって集団の割には

まともに心を開いてくる様子が無い。

 

ましてやそれが成功者だとすれば、なおのこと初対面の人間にこそ意識する部分のはず

やはり、どう考えてもおかしかった。

 

 

 

 

そして一番決め手となった違和感は

成功者が、一ミリも楽しそうじゃなかった。

 

紹介されて行ったセミナーの人しかり、

その紹介されたMさんしかり

 

なぜ成功している人間にも関わらず、

こんなに目の奥が寂しそうなんだろう。

 

まるで、地獄の業火をくぐり、足が焼け、もう引き返せないというような目だった。

 

そしてやはり笑顔がぎこちない。

 

妙に長い話と、アイスブレイクばかりで、なかなか話が本題へと移らず

本質へ迫るのがわずかしかない。

 

 

俺が実際に見たことのある成功者は、みんな金が無くても、儲からなくても

楽しそうで笑っていた。

 

 

ねぇ、あんた達は

わずかな小銭のために

どれだけの大切なものを売り払ってきたの?

 

僕はそう感じた。

 

まぁ今だからそう感じた。って言えるんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 始めて会った人に、ハッキリと止めなさいと言われる。

人を介して人を売らないと成り立たないビジネスに違和感を覚えつつも

 

今はとにかく人と話して、多くの価値観や意見を取り入れる時だ!

と気を引き締めて、また違う人と会った。

 

 

その人は、僕より3つも年下だったけど

まっすぐで、情熱的な目をしていた。

 

 

僕はその人に、今自分がどの位置にいて、どんな仕事をこれからやるのかを淡々と話した。

 

僕が企業名を出さずに、マルチの話に触れると

 

その人の顔は分かりやすく歪んだ。

 

そして、

「それって、マルチですよね?やめた方がいいですよ」

 

とはっきり言われた。

 

 

初対面の、しかも3つも下の人にこんなにはっきりと物申されるのは初めての体験だった。

 

 

その人は続けて言う。

「ってか、だいちさんそんなにお金いるんですか?

だいちさんが今後やりたいことって、そんなにお金が無いと出来ない事なんですか?」

 

 

そして

「いやぁ~、、、、ぶっちゃけ今のだいちさん

コレっぽっちも熱い男じゃなくないですか?

 

 

 

不思議と、彼の言葉がすんなり入って来た。

軸もやりたいこともブレブレ、そして何より

あんたのやろうとしてる事は一ミリも熱くない。

 

 

この言葉に足を止めざるを得なかった。

 

 

初対面の人にここまでハッキリと言える彼に対して、

僕は心から尊敬した。

 

そして、その尊敬する人が僕にマルチは辞めて欲しいと言っている。

 

 

僕はもう何が本当か分からなくなってしまった。

 

 

ついこの前まで一生懸命頑張ろう!って思わせてくれた人は

俺を養分とか、札束持ってくるカモとしか見てなかったんだ。

 

 

そんな事実がどうしても受け止められなかった。

 

 

けど、頭を冷やしてハッキリと分かった。

 

「今UVERworldに会いに行ったら、間違いなくTAKUYA∞は怒る

だせぇ生き方してんじゃねぇって」

 

 

僕は、Mさんになりたいんじゃない。

少なくとも、

TAKUYA∞に認められる人間でありたい。

 

 

そう思うと事実をやっと受け止める事が出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 合法だから、何をやってもいいのか?

僕がマルチビジネスに洗脳された期間は

わずか10日間。

 

それでも、その10日間の中で必死に食らいついていこうと決めた。

 

ブログに書いた

「これからブログとはまた違うビジネスを頑張る!」

 

sdaichi444.hatenablog.com

 

それがつまりは、マルチで、絶賛騙され中だったのだ。

 

ネットや、本、口コミサイトなどをひたすら見た。

 

 

そこには、一生懸命やったけど、結局多額の金を借金してまで工面して

結果破産した話が、ごまんと書いてあった。

 

 

 

 

 

なぁ、おい、このビジネスは人を幸せにするんじゃなかったのかよ。

 

このビジネスは、誰でも簡単に出来る。

成功しないはずがないビジネスじゃなかったのかよ。

 

 

法に触れてなかったら、自分が強要したんじゃなかったら

何やってもいいのかよ。

 

そうやって借金したり、友人無くしたり、時間をひたすら無駄に過ごしても問題ねーのかよ。

 

 

そういった話が、仮に一部の人だとして、

 

 

 

Mさんあんたが、

あんたの周りがそういう過激なことはなく幸せに楽しくビジネスを前向きにやってるんだとしたら

 

 

なんで、未だにあんたは辞められない?

 

辞められないんじゃない、俺は仲間を幸せにする使命があるとかなんとか抜かすんならよ。

 

なぜ仲間は未だにマネーリテラシーのかけらも無くて、家事も掃除もまともに出来ない人間が出来上がるんだ?

 

人間成長型のビジネスなんだろ?

 

じゃあ、なぜあんたの周りの人間は未だに成長をしていない?

 

なぜ、情報を開示したがらない?

 

なぜ、本質がこんなにも見極められない?

 

なぜ、言ってる事が矛盾している?

 

 

 

あげればキリがないが、言いたいことはつまり

 

 

 

あんたは未来の子供に胸張って、

俺は間違いなく人を幸せにしてきたって本当に言えるのか?

 

まぁ間違いなくあんたは

言える。って言うだろうけど

色々説明付かねえことだらけだぜ。

 

 

資本主義クソヤロー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一番つらかった事。

最後に

 

ほぼ、完全にグチになってしまったことをお詫びしたい。

 

 

僕は事実こういった不安な部分がありすぎたため

誰にも勧誘をしないでいた。

仮に勧誘するとしても、自分の中でしっかりと良さを理解してから。

 

と意気込んでいたがもうそれも必要がなくなった。

 

 

僕がたった10日間だけだったので被害という被害も無かったし。

借金もしていない。

 

 

ただ、

会社の友達に話して笑われた事は少し辛かった。

 

騙された、あるいはこれから自分が人をだまそうとしていた(結果的に)

側にいたとすれば

 

俺は被害者でもなんでもない、むしろ予備軍とは言え加害者なわけで

 

 

もちろん、その友達は気を使ってくれたのだろうし、

またがんばろう!と言ってくれたのだけど

 

自分に対する情けなさと、信じてたものを裏切られたことが

何よりも辛くて辛くて仕方がなかった。

 

 

そんなの騙されるおめぇーがバカだろ!!

とか

 

お前そんなのあって当たり前だろ

それが社会だろ!

 

と言われても反論はしない。

 

 

反論はしないが

 

とにかく、悲しかった。

 

本気でやろうと思っていたけど

実は人の手を借りて、人に頼ろうとしていたことに情けなかった。

 

自分が浅はかで情けなかった。

 

大事な人をだまそうとしてたことが悲しかった。

 

 

 

マルチは、法に触れてねーから良いんじゃねぇ。

マルチは

お金よりもっと大事なものを失うからダメなんだ。

 

 

 

歌で成功したい?

ビジネスで成功したい?

 

いいよそれは、

 

けど、人をだましてだまして

顔見知りじゃない人だったら簡単にだまして金巻き上げられる。

 

ってそうやってたどり着いた先

 

誰に喜びを伝えるの?

 

 

マルチの先には、金と

金で出来上がった顔が真っ白な仲間がたくさん増えるだけ

 

それはもはや人脈じゃない、洗脳されてるから人が寄ってくるだけの話。

 

 

そうして、マルチを辞めれたとしても

一度信頼を失った友人は戻らない。

 

 

そうやってまたマルチにしがみつく。

 

 

だから皮肉を込めてこう呼ぶよ。

 

マグマに肩まで浸かって、造った笑顔で死んでいく者よ

 

 

俺はあんたを軽蔑する。

俺はあんたを人だと認めない。

俺はあんたが子供が憧れる大人だなんて思わない。

あんたは間違いなく犯罪者で人殺しだよ。

 

 

これはせめてもの優しさだが、

その人のTwitterのアカウント、インスタグラム、本名、顔の写真、住所、周辺の人、関わってるビジネス

については伏せておく。

 

けど今後もし、

 

俺に連絡とってきたら、すべての情報をさらす。

顔見せても、さらす。

会いに来ても、さらす。

電話かけて来ても、さらす。

LINEしてきても、さらす。

俺と接触したり、間接的にでもしたらさらす。

周りに迷惑かけても、さらす。

 

 

二度と顔見せんな、犯罪者で人殺しよ。

 

 

せいぜい死ぬまで踊りな。

自分自身を洗脳してな。

 

あとブログ見にくんじゃねーよ!全部バレてんぞ

 

 

 

ではでは。

ワンピースのゾロから学ぶ、勝利哲学

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

 

漫画「ONE PIECE」で、3本の刀を使うキャラクターで

ロロノア・ゾロってキャラがいます。

関連画像

http://images5.fanpop.com/image/photos/27900000/Zoro-roronoa-zoro-27988425-500-375.jpg

(って知ってるか。)

 

 

ワンピースの漫画を見た時、このゾロが敵と戦っていく中で、

明らかに勝利を意識した行動をとっている。

と感じました。

 

漫画自体も確かに面白いのですが、

そうしたキャラクターから見えてくる、実生活にも生かせる部分も面白いなぁと感じたので、話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • そもそも、ゾロってどれぐらい強いの?

まずは、ゾロは

作中でどれぐらい強いんでしょうか。

 

 

 

ワンピースという作品には、「悪魔の実」という果実が出てきます。

「ワンピース ゴムゴムの実」の画像検索結果

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170123%2F59%2F5270369%2F29%2F450x253x8f8fa528d541ea1003bfd797.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

この悪魔の実を食べると、人間以上の能力が使えるので

いわば、この作品は悪魔の実を食ったやつ勝ちゲー、なところがあります。

(人間を超えた力を持ってるからね。)

 

 

で、

 

 

その中でも、ゾロは悪魔の実を食べずして、そうした能力者と渡り合ってきた実力者の一人なんです。

 

 

ようは、普通の人間だけど、能力者に勝てるほど強いよ!

ってことです。

 

 

 

 

とは言っても

ゾロ以外にも、能力者じゃないけど強いキャラクターも

いるにはいるんですが、

 

特にゾロの戦いにおいて、気づきが多く見られたので、今回ご紹介したいと思います。

 

ではさっそくその強さの秘密についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 勝利するために、自分を追い込む。

冒頭、ルフィ(主人公)がまだ仲間2人だけの時の話。

 

 

 

敵であるバギー海賊団との戦いで

腹部に傷を負ってしまうゾロ。

「ゾロ カバジ」の画像検索結果

http://ワンピース.net/wp-content/uploads/2015/12/16-21.jpg

 

 

 

ケガをした腹部をかばい、本来の力を出せないかに思えた

 

 

 

 

その時に、ゾロはこんな行動を取ります。

 

 

 

 

「ゾロ カバジ」の画像検索結果

http://battle-one.com/wp-content/uploads/2015/09/72337a6f8ca78833c0745e2b0fe5e95a-300x222.jpg

 

なんと、自ら腹部をさらに切るという自殺行為。

 

 

この行動に対してゾロはこう言います。

「ゾロ カバジ」の画像検索結果

 

つまり、ハンデだよこれは。

というなんとも常識破りな発想。

 

 

 

 

一見すると

「いやいや、これ漫画の話っしょ」で終わってしまいそうなシーンですが

これって、いわば背水の陣ともいえる場面ですよね。

 

 

 

血が切れるまで、というリミットを制限し

その中で本気で相手を倒す。

 

 

つまり、

目標は決めたけど、ダラダラやってたんじゃ成果は出ないぞ。

と、ここのシーンでは言っているわけです。

リミットを否が応でも設定するから、人は本気になってやれる。

 

 

 

目標を達成する上で、期間や期限をしっかり決めて

その中で集中して成果を出す。という事をまさに証明してくれているわけです。

 

 

まぁ、だからって、何も腹を切る事は無いと思いますがwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • あえて、武器を減らす。

ゾロの名シーンの中の一つが

このアラバスタ編でのMr.1との戦いです。

「ゾロ mr.1」の画像検索結果

http://onepicenazo.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_721/onepicenazo/One-Piece-116-10.jpg

 

 

このMr.1、なんとスパスパの実という全身刃物(鉄)になる能力者だったんです。

 

刀使いのゾロが、折れる(斬れる)事のない人間との戦い。

つまり、相性が最悪の敵だったんです。

 

 

 

 

ゾロは本来、自身の持つ3本の刀を使って、初めて実力が発揮されるタイプの剣士です。

でも相手は、その3本の刀をはじき返す鋼鉄の男。

 

 

 

その時にゾロが取った行動は

「ゾロ mr.1」の画像検索結果

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150305%2F75%2F7106965%2F2%2F398x540x92d812a1e2a7976fada816dd.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

刀を一本に絞る事。だったんです。

 

これは、一本刀の居合(刀を収めた状態から、一瞬で居抜いて斬る事)

によって、鋼鉄を確実に斬る方を優先したんです。

 

 

 

よく、あれもしなきゃいけないし、これもしなきゃいけない。

自分の得意なことは、全部やろうってしてませんか?

 

けどそんな時に、このゾロのMr.1との戦いを思い出してほしいんです。

 

 

敵に勝つの(ミッションの成功)は、三本の刀を使って技を決める事じゃないんです。

鋼鉄を切る事(勝利)が出来るかどうかなんです。

 

 

3本もし持っていたとしたら、ぜひ一本に集中してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 武器を捨てる。

時に、勝利だけが正しい判断ではありません。

 

それを教えてくれるのが、このスリラーバークでのバーソロミュー・くま

との戦いです。

 

 

ルフィ一味は、連戦に次ぐ連戦で疲弊しきっていました。

その最中、圧倒的強さを誇る強敵の出現に誰も歯が立たない。

 

ルフィ海賊団はここで、夢潰え、まさか全滅してしまうのか?

と思われた矢先

 

ゾロのこの行動です。

「バーソロミューくま ゾロ」の画像検索結果

http://ワンピース名言.com/wp-content/uploads/2016/04/zoro3.jpg

 

自分の首をやるから、一味を見逃せ。という条件を叩きつけます。

 

ゾロは世界一の剣豪になる、という野望を持っていたにも関わらず、

自分の首を差し出そうと言うのです。

 

そう、それは自分の為ではなく、船長であるルフィの為、仲間の為。

「バーソロミューくま ゾロ」の画像検索結果

https://stat.ameba.jp/user_images/20150216/12/manatahasu/f2/b2/j/o0481028313219778631.jpg?caw=800

 

本気で仲間を助けるための自己犠牲。

 

この思いが伝わり、ゾロは首を取られずに済みますが

代わりに全身にルフィが負ったダメージを受けさせられます。

 

ひん死寸前まで追い詰められて尚、その条件を飲むゾロ。

 

 

 

勝負に挑んでいれば、失敗や身の危険を回避する事

つまり、退く事の方が重要視されます。

 

それは、手前ですべて回避できるものばかりとは限りません。

失敗が起きた時、、どうするべきか。

 

 

時に何かを犠牲にしてでも、一番大事な物を守る事が必要なのかもしれません。

 

 

また、失敗を最小限に抑えるために、何をすべきなのか。

引き際を間違えると、大きなダメージを負います。

 

引き際と、被害を最小限に抑える事も、次の勝利に向けて出来る手段と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ゾロは剣があるから強いんじゃない。

今回一番言いたいことですが、

 

ゾロは、決して剣があるから強いんじゃありません。

勝利の為に、何が必要なのかを、選び取る力が強いのです。

 

 

 

 

ゾロはとにかく勝利に対しての欲が強いです。

 

けど、その分何度も何度も敗北をしてきています。

f:id:sdaichi444:20171009222412p:plain

https://stat.ameba.jp/user_images/20111028/06/smile-and-thanks-worker/94/81/j/o0480036911574563627.jpg?caw=800

 

ゾロが強いのは、その失敗や経験から何を学び

戦いの中でも、上手くいかない事があればなぜうまくいかないのか

 

つまり、

勝利するために、今自分が出来る最善の方法はどれなのか?

を考え、実践する力がすごいなと感じました。

 

 

 

人は常に完ぺきではありません。

 

それはワンピースの中で、悪魔の実を食べていない人間だって同じことだと思うんです。

 

 

完ぺきではないからこそ、本当に必要なものだけを選んで他の方法は捨てる(あるいはやらない)と決める事。

 

この方が実は、良いと思ったことをやり続けるよりも難しいし、重要なんです。

 

 

 

 

 

選び取る力。

 

行き詰って、迷った時に

ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ではでは。

 

一週間ブログを休んで見て分かった事

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

一週間ぶりです。

 

 

 

sdaichi444.hatenablog.com

 

こんな記事を書いていたので、まぁ翌日には再開するだろう。

 

 

と、思っていたら、

 

 

 

やべぇ、全然体が休められてねぇよ

 

という、なんとも言い訳がましい理由から

 

やはり一週間、ブログを書くのを休むことにしました。

(キュウヨウ、マジ、タイセツ)

 

 

 

で、

 

 

 

この一週間何をしてたか?って話と、

休んで見ていろいろ気づくことがあったので、

 

今後のブログ更新をどのようにしていくか、を中心として一週間を振り返っていきたい。

 

 

 

 

ではいこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 結局、ブログに使わないエネルギーを外に使う

 

 

まず、この一週間何をしてたかというと、

 

1、歌手のオーディションに挑戦

2、ビジネス系セミナーに行く

3、会社以外の人に会う

4、ランニングの距離が伸びた(7 ➡ 8km)

5、読めてなかった漫画、本をめっちゃ読む。(刃牙道読んでました!)

 

 

 

ですね。

 

 

オーディションってなに!?

と思いますでしょうが、それはまた後日ブログに載せていきたいと思います。

 

 

とにかく言いたいのは、

 

 

休むって言ったくせに全然違う事に体力使っちゃってる!

ってことですね。

 

いやぁ~、、、、メンゴ(殴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、ブログ書くために

 

2か月間ずーーーっと考える癖がついてたんで、

イデアめちゃめちゃ出るんですよ。

f:id:sdaichi444:20170930180649p:plain

 

 

けど、それを整理出来ないまま、ブログ書くために必死になってたんで、

 

結局頭の中を、自分で整理出来ないまま進んでたんです。

まぁ、靴ヒモがほどけたまま走ってるみたいな感じですよね。

 

 

で、

 

 

この一週間はひたすらに自分と向き合う時間にしまして、

自問自答を紙に書きまくってたんですよ。

やりたいこととか、これからどうしたいの?とか

 

 

 

この空白の時間がきっと僕には必要だったんですね。

 

 

もしあなたも、忙しくて考える時間も無い!と思ったら、

意図的にでも空白の時間を作って見る事をおススメします。

 

 

 

 

では今後の方向性についてお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 今後の方向性、と目標

自分の夢の話と、ブログの二つに分けてお話しします。

 

 

  • ブログ

まず一週間に2回の更新に減らします。

 

理由は、他にやる事が増えたからです。

(主にビジネスの勉強です。)

 

 

 

正直、その為にブログを完全に辞めよう。とも考えましたが

 

ブログを通して出会う事が出来た人や、知り合う事が出来た人もいるし

ってか、ブログ書くの嫌いじゃないし(そもそも)

 

 

わざわざ辞めなくてもいいな。と思ったので続けていきたいと思います。

 

主に、土日、祝日のみ更新という形になります。

 

その代わりと言っては何ですが、

今後のブログは「為になるブログ!」ではなくて

「結果的に為になるブログ!」を書きたいと思っています。

 

 

 

それはやっぱりこのブログを見てる人が、おもしろwって思ってもらいたいし

 

なんかこいつのブログ見てると笑えてくるわ!とか

元気貰えるわ!みたいなブログが書きたいと思ったからです。

 

 

大変、抽象的ではありますが、

ブログに限らず、

そういう誰かを本当に喜ばせる事を今後はやりたい!と強く思っているので

集中して書くことの出来る土日、祝日のみの更新とさせてください。

 

それでも一生懸命書きます!

 

 

また、この1週間のPV数は50以下がほとんどでした。

まぁ、更新してないからね。と言われればそれまでなんですが。

 

 

なんかPV数を気にして読者あおる!みたいな記事も全然面白くない。

 

と思ったので、PV数は一切気にせずに書いていきます。

 

 

 

その代わり、

読者数とシェアや、ツイート数などを増やしていきたいです。

 

多分、そっちの方が本当に人の為になってるブログを書けている実感があるので。

今後は読者と、シェア数を目標にします。

 

 

現在は読者数が、、、、7人なので

 

毎月、読者を1人増やします。

 

もし一人も増やせなかったら、なぜ増やせなかったのかを考え、ブログ改善に努めたいと思います。

 

 

 

ブログに関しては以上です。

 

 

 

  • 自分の夢について『音楽』

オーディションに参加したり、ライブをやったりと、いろいろやってきましたが

 

一旦、音楽について追及してやらないようにしたいと思います。

 

 

理由は、中途半端になってしまうから。です。

 

 

 

可能性を探ってみたり、チャンスがあれば掴むことはしますが

 

それよりはまず

・作曲する事

・歌を練習する事

・ギターを練習する事

・走り込みをする事

 

の方がよっぽど大切だと気が付きました。

 

 

というよりも、基礎がしっかりしてないな。という事に気が付いたんです。

 

 

 

また、12月には、UVERworldTAKUYA∞と走って勝つ

という目標を掲げランニングをしていることもあり

 

いずれにしても12月まではやる事を増やし過ぎたら失敗するなと思いました。

 

まずは、ランニングを続け、歌う体を作る事。

音楽をやる上で、フィジカルや体調管理は、楽器を扱うのと同じぐらい大切です。

 

 

 

何より、焦らない。

やるべきことを、しっかりやっていると言うんだったら

目の前のことに集中する。

 

とにかく今やるべきは、オーディションやライブに行く事ではない。

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、このような気づきがあり、今後の方向性についてお話しさせて頂きました。

 

やりたいことは、本気でやる。

だけど

本気でやれないんだったら、絶対にやらない。

 

 

その為にやれることを絞って、今後のブログ、音楽活動を行いたいと思います。

 

 

 

ではでは。

ご報告です。

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

2ヶ月連続毎日投稿を続けて書く!と宣言しました。

 

 

で、

 

 

 

勝手ながら、10月1日で、一旦切りたいと思います。

 

本当にすいません。

 

 

 

ちなみに、結果ですが、

目標の月1000以上に対して…

 

 

8月、1021PV

9月、2217PV

 

という結果でした。

 

 

ありがとうございます!!!!!

(ここだけテンション上がるやつ)

 

 

 

で、

 

 

 

 

本日から一週間ほど、ブログをお休みしようと思います。

 

 

理由が、、、今日布団で

背伸びしたら

脹脛(ふくらはぎ)を

盛大につりまして😅

 

大激痛に叫びまわった末、

 

これは、神様からの啓示だ。と直感致しました。

 

 

すいませんンンンッッッ!!!!!!!!

 

 

 

 

また、

 

2ヶ月毎日書く!と思って、

 

人と会ってても、会社にいてもブログのこと考えてたので

これはまずいな!と思い

 

 

やはり一週間休もう。と思いました。

 

 

 

 

ここまでゴチャゴチャ勝手を抜かしておいてなんですが、

 

この2ヶ月はめちゃめちゃ楽しかったです。

 

悟空の気持ちがわかったし、ワクワクスッぞ!って感じです。(殴

 

 

 

とか、言いながら明日にでも記事書いてそうな気もしますが、

 

ひとまずお休みということにさせてください。

 

 

 

 

ブログご覧頂いた方、

この2ヶ月関わって下さった方、

応援してくれた友人、

全てのアツく生きたいヤロー共。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

これから、もっともっと!

さらにクソ熱く生きたいと思います!

お楽しみに!

 

また明日(?)、一週間後の更新でお会いしましょう!

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

(てか、隣の外国人誰やねん…。)
f:id:sdaichi444:20171001180353j:image