俺の屍を超えて行け!!!

アニメ、音楽、生き方を中心に更新します。文字通り踏み台として、読者の背中を押すブログ

マルチにどっぷり洗脳された男の末路

こんばんは。

 

 

だいちです。

 

 

 

今超絶気分は最悪です。

 

僕は、世で言われるマルチというヤツに

まんまと洗脳されました。

(今は辞められた。)

 

 

いや、被害者ヅラするつもりは一切ない。

 

僕はあろうことか、人の信頼や人の未来までも奪おうという位置にいたのだから。

 

まずは救ってくれた友達や、心配して助言してくれた方に心から感謝とお詫びを申し上げたい。

そして今日のブログはとても口が悪くなることを許してほしい。

 

 

グダグダ話してても仕方がないので、

僕が実際に体感したマルチの恐怖についてお話していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • マルチとは

マルチとは、マルチ商法連鎖販売取引と呼ばれる販売形態の事。

他には、

ネットワークビジネスや、ネットワークマーケティングなどと呼ばれてもいる。

 

このビジネス、何が問題かと言うと

 

人の信頼、本当に心から大切にしたい友人を失う。

 

という点である。

 

なぜなら、マルチは人から人を介してのみ、そのビジネスが成立するからである。

 

つまり、個人に対し、

各々でよかったら買ってくれ。

と言うと自分への報酬が入らないのである。

 

故に、自分を介しての販売に力が入り、強引な勧誘

所属コミュニティ以外を排他的に見る傾向が強い。

 

 

合法的に許されている。というものもあるが

法に触れてねーから、借金させて破産させても文句ないのか?

と言えるのではないだろうか。

 

まぁ、この辺は「マルチ」で検索すると嫌と言うほど出てくるので、分からない方や詳しく知りたい方は調べてみると良いでしょう。

 

 

それにしても、今のマルチってほんと巧妙に出来てるなぁ。って思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 出会い系サイトは、マルチの巣窟

僕がこのマルチ集団に出会ったのは、

某出会い系サイトでした。

 

 

起業名も有名だし、企業案件でブロガーも書いてるトコロだし

俺もちょっとネタで一ヵ月やってみようかな!と思ったのがきっかけである。

 

事実、確かにマルチじゃなくてつながる事が出来た人もいた。

 

 

が、

ほぼ同時期に2人もマルチの女性に出会っていた。

(最初はこれを偶然だと思っていたが、なんてことはない。カモだと思われていたって話だ)

 

 

これは余談だが、

恋愛における運命や、あまりにも良く出来過ぎている偶然

だいたいウラがあると思った方が良いです。

このご時世、マルチ以外にも様々な危険が潜んでいます。

 

 

 

で、

 

 

そこで出会った女性にある人を紹介してもらいました。

(まずこの、紹介する!ってのが危ない)

 

その紹介された方を仮に「Mさん」としましょう。

 

女性「Mさんね、めっちゃすごいよ!ビジネスやりたいって人きっと応援してくれるから!」

 

 

この時、僕は疲弊しきって、ワラをも掴む思いで会いに行く。

 

 

Mさんの家に行った。

 

今日は経済についてのセミナーをやるという。

マネーリテラシーやら世の情勢について知ろう!という会合らしい。

 

 

ぶっちゃけ、コミュニティを作るとこんな楽しいことがあるよ!

(例、旅行にいける、パーティー出来る、最高の仲間に出会える、など)

 

なんて話はどうでもよく、

 

ビジネスや自分の生活を少しでも向上させて、人に貢献する事を学べるなら何でもいい!とにかく吸収したい。

という気持ちだけだった。

(そこを上手く利用されたってことなんだろうけどね)

 

 

 

そして約1週間近く通い、読んだ方が良い本、見ておいて欲しいセミナー(映像も)

などなどをこなし、これで少しでも前に進めるならばと寝る時間ギリギリまで勉強していた。

 

 

が、事態はある出来事で激変した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • いくつかの違和感

最初に違和感を感じたのは、

 

やけに笑い方が変な人が多い

と思った事。

 

 

ビジネスにも納得して、誰でも努力次第で前へ進める。

そんなビジネスに携わり、加えて仲間と切磋琢磨していける環境にあるというのにも関わらず

 

なぜ、この人たちはこんなに変な笑顔をするんだろう。

まるで、何かを隠しているかのような・・・。

 

 

そして二つ目の違和感は

情報をとにかく開示したがらない事。

 

確かに、自分はつい一昨日出会ったような人だけど、

それにしたって心閉ざしすぎだろ。

 

人を介してビジネスを行い、人を幸せにするためにビジネスをやろうって集団の割には

まともに心を開いてくる様子が無い。

 

ましてやそれが成功者だとすれば、なおのこと初対面の人間にこそ意識する部分のはず

やはり、どう考えてもおかしかった。

 

 

 

 

そして一番決め手となった違和感は

成功者が、一ミリも楽しそうじゃなかった。

 

紹介されて行ったセミナーの人しかり、

その紹介されたMさんしかり

 

なぜ成功している人間にも関わらず、

こんなに目の奥が寂しそうなんだろう。

 

まるで、地獄の業火をくぐり、足が焼け、もう引き返せないというような目だった。

 

そしてやはり笑顔がぎこちない。

 

妙に長い話と、アイスブレイクばかりで、なかなか話が本題へと移らず

本質へ迫るのがわずかしかない。

 

 

俺が実際に見たことのある成功者は、みんな金が無くても、儲からなくても

楽しそうで笑っていた。

 

 

ねぇ、あんた達は

わずかな小銭のために

どれだけの大切なものを売り払ってきたの?

 

僕はそう感じた。

 

まぁ今だからそう感じた。って言えるんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 始めて会った人に、ハッキリと止めなさいと言われる。

人を介して人を売らないと成り立たないビジネスに違和感を覚えつつも

 

今はとにかく人と話して、多くの価値観や意見を取り入れる時だ!

と気を引き締めて、また違う人と会った。

 

 

その人は、僕より3つも年下だったけど

まっすぐで、情熱的な目をしていた。

 

 

僕はその人に、今自分がどの位置にいて、どんな仕事をこれからやるのかを淡々と話した。

 

僕が企業名を出さずに、マルチの話に触れると

 

その人の顔は分かりやすく歪んだ。

 

そして、

「それって、マルチですよね?やめた方がいいですよ」

 

とはっきり言われた。

 

 

初対面の、しかも3つも下の人にこんなにはっきりと物申されるのは初めての体験だった。

 

 

その人は続けて言う。

「ってか、だいちさんそんなにお金いるんですか?

だいちさんが今後やりたいことって、そんなにお金が無いと出来ない事なんですか?」

 

 

そして

「いやぁ~、、、、ぶっちゃけ今のだいちさん

コレっぽっちも熱い男じゃなくないですか?

 

 

 

不思議と、彼の言葉がすんなり入って来た。

軸もやりたいこともブレブレ、そして何より

あんたのやろうとしてる事は一ミリも熱くない。

 

 

この言葉に足を止めざるを得なかった。

 

 

初対面の人にここまでハッキリと言える彼に対して、

僕は心から尊敬した。

 

そして、その尊敬する人が僕にマルチは辞めて欲しいと言っている。

 

 

僕はもう何が本当か分からなくなってしまった。

 

 

ついこの前まで一生懸命頑張ろう!って思わせてくれた人は

俺を養分とか、札束持ってくるカモとしか見てなかったんだ。

 

 

そんな事実がどうしても受け止められなかった。

 

 

けど、頭を冷やしてハッキリと分かった。

 

「今UVERworldに会いに行ったら、間違いなくTAKUYA∞は怒る

だせぇ生き方してんじゃねぇって」

 

 

僕は、Mさんになりたいんじゃない。

少なくとも、

TAKUYA∞に認められる人間でありたい。

 

 

そう思うと事実をやっと受け止める事が出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 合法だから、何をやってもいいのか?

僕がマルチビジネスに洗脳された期間は

わずか10日間。

 

それでも、その10日間の中で必死に食らいついていこうと決めた。

 

ブログに書いた

「これからブログとはまた違うビジネスを頑張る!」

 

sdaichi444.hatenablog.com

 

それがつまりは、マルチで、絶賛騙され中だったのだ。

 

ネットや、本、口コミサイトなどをひたすら見た。

 

 

そこには、一生懸命やったけど、結局多額の金を借金してまで工面して

結果破産した話が、ごまんと書いてあった。

 

 

 

 

 

なぁ、おい、このビジネスは人を幸せにするんじゃなかったのかよ。

 

このビジネスは、誰でも簡単に出来る。

成功しないはずがないビジネスじゃなかったのかよ。

 

 

法に触れてなかったら、自分が強要したんじゃなかったら

何やってもいいのかよ。

 

そうやって借金したり、友人無くしたり、時間をひたすら無駄に過ごしても問題ねーのかよ。

 

 

そういった話が、仮に一部の人だとして、

 

 

 

Mさんあんたが、

あんたの周りがそういう過激なことはなく幸せに楽しくビジネスを前向きにやってるんだとしたら

 

 

なんで、未だにあんたは辞められない?

 

辞められないんじゃない、俺は仲間を幸せにする使命があるとかなんとか抜かすんならよ。

 

なぜ仲間は未だにマネーリテラシーのかけらも無くて、家事も掃除もまともに出来ない人間が出来上がるんだ?

 

人間成長型のビジネスなんだろ?

 

じゃあ、なぜあんたの周りの人間は未だに成長をしていない?

 

なぜ、情報を開示したがらない?

 

なぜ、本質がこんなにも見極められない?

 

なぜ、言ってる事が矛盾している?

 

 

 

あげればキリがないが、言いたいことはつまり

 

 

 

あんたは未来の子供に胸張って、

俺は間違いなく人を幸せにしてきたって本当に言えるのか?

 

まぁ間違いなくあんたは

言える。って言うだろうけど

色々説明付かねえことだらけだぜ。

 

 

資本主義クソヤロー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一番つらかった事。

最後に

 

ほぼ、完全にグチになってしまったことをお詫びしたい。

 

 

僕は事実こういった不安な部分がありすぎたため

誰にも勧誘をしないでいた。

仮に勧誘するとしても、自分の中でしっかりと良さを理解してから。

 

と意気込んでいたがもうそれも必要がなくなった。

 

 

僕がたった10日間だけだったので被害という被害も無かったし。

借金もしていない。

 

 

ただ、

会社の友達に話して笑われた事は少し辛かった。

 

騙された、あるいはこれから自分が人をだまそうとしていた(結果的に)

側にいたとすれば

 

俺は被害者でもなんでもない、むしろ予備軍とは言え加害者なわけで

 

 

もちろん、その友達は気を使ってくれたのだろうし、

またがんばろう!と言ってくれたのだけど

 

自分に対する情けなさと、信じてたものを裏切られたことが

何よりも辛くて辛くて仕方がなかった。

 

 

そんなの騙されるおめぇーがバカだろ!!

とか

 

お前そんなのあって当たり前だろ

それが社会だろ!

 

と言われても反論はしない。

 

 

反論はしないが

 

とにかく、悲しかった。

 

本気でやろうと思っていたけど

実は人の手を借りて、人に頼ろうとしていたことに情けなかった。

 

自分が浅はかで情けなかった。

 

大事な人をだまそうとしてたことが悲しかった。

 

 

 

マルチは、法に触れてねーから良いんじゃねぇ。

マルチは

お金よりもっと大事なものを失うからダメなんだ。

 

 

 

歌で成功したい?

ビジネスで成功したい?

 

いいよそれは、

 

けど、人をだましてだまして

顔見知りじゃない人だったら簡単にだまして金巻き上げられる。

 

ってそうやってたどり着いた先

 

誰に喜びを伝えるの?

 

 

マルチの先には、金と

金で出来上がった顔が真っ白な仲間がたくさん増えるだけ

 

それはもはや人脈じゃない、洗脳されてるから人が寄ってくるだけの話。

 

 

そうして、マルチを辞めれたとしても

一度信頼を失った友人は戻らない。

 

 

そうやってまたマルチにしがみつく。

 

 

だから皮肉を込めてこう呼ぶよ。

 

マグマに肩まで浸かって、造った笑顔で死んでいく者よ

 

 

俺はあんたを軽蔑する。

俺はあんたを人だと認めない。

俺はあんたが子供が憧れる大人だなんて思わない。

あんたは間違いなく犯罪者で人殺しだよ。

 

 

これはせめてもの優しさだが、

その人のTwitterのアカウント、インスタグラム、本名、顔の写真、住所、周辺の人、関わってるビジネス

については伏せておく。

 

けど今後もし、

 

俺に連絡とってきたら、すべての情報をさらす。

顔見せても、さらす。

会いに来ても、さらす。

電話かけて来ても、さらす。

LINEしてきても、さらす。

俺と接触したり、間接的にでもしたらさらす。

周りに迷惑かけても、さらす。

 

 

二度と顔見せんな、犯罪者で人殺しよ。

 

 

せいぜい死ぬまで踊りな。

自分自身を洗脳してな。

 

あとブログ見にくんじゃねーよ!全部バレてんぞ

 

 

 

ではでは。

ワンピースのゾロから学ぶ、勝利哲学

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

 

漫画「ONE PIECE」で、3本の刀を使うキャラクターで

ロロノア・ゾロってキャラがいます。

関連画像

http://images5.fanpop.com/image/photos/27900000/Zoro-roronoa-zoro-27988425-500-375.jpg

(って知ってるか。)

 

 

ワンピースの漫画を見た時、このゾロが敵と戦っていく中で、

明らかに勝利を意識した行動をとっている。

と感じました。

 

漫画自体も確かに面白いのですが、

そうしたキャラクターから見えてくる、実生活にも生かせる部分も面白いなぁと感じたので、話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • そもそも、ゾロってどれぐらい強いの?

まずは、ゾロは

作中でどれぐらい強いんでしょうか。

 

 

 

ワンピースという作品には、「悪魔の実」という果実が出てきます。

「ワンピース ゴムゴムの実」の画像検索結果

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170123%2F59%2F5270369%2F29%2F450x253x8f8fa528d541ea1003bfd797.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

この悪魔の実を食べると、人間以上の能力が使えるので

いわば、この作品は悪魔の実を食ったやつ勝ちゲー、なところがあります。

(人間を超えた力を持ってるからね。)

 

 

で、

 

 

その中でも、ゾロは悪魔の実を食べずして、そうした能力者と渡り合ってきた実力者の一人なんです。

 

 

ようは、普通の人間だけど、能力者に勝てるほど強いよ!

ってことです。

 

 

 

 

とは言っても

ゾロ以外にも、能力者じゃないけど強いキャラクターも

いるにはいるんですが、

 

特にゾロの戦いにおいて、気づきが多く見られたので、今回ご紹介したいと思います。

 

ではさっそくその強さの秘密についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 勝利するために、自分を追い込む。

冒頭、ルフィ(主人公)がまだ仲間2人だけの時の話。

 

 

 

敵であるバギー海賊団との戦いで

腹部に傷を負ってしまうゾロ。

「ゾロ カバジ」の画像検索結果

http://ワンピース.net/wp-content/uploads/2015/12/16-21.jpg

 

 

 

ケガをした腹部をかばい、本来の力を出せないかに思えた

 

 

 

 

その時に、ゾロはこんな行動を取ります。

 

 

 

 

「ゾロ カバジ」の画像検索結果

http://battle-one.com/wp-content/uploads/2015/09/72337a6f8ca78833c0745e2b0fe5e95a-300x222.jpg

 

なんと、自ら腹部をさらに切るという自殺行為。

 

 

この行動に対してゾロはこう言います。

「ゾロ カバジ」の画像検索結果

 

つまり、ハンデだよこれは。

というなんとも常識破りな発想。

 

 

 

 

一見すると

「いやいや、これ漫画の話っしょ」で終わってしまいそうなシーンですが

これって、いわば背水の陣ともいえる場面ですよね。

 

 

 

血が切れるまで、というリミットを制限し

その中で本気で相手を倒す。

 

 

つまり、

目標は決めたけど、ダラダラやってたんじゃ成果は出ないぞ。

と、ここのシーンでは言っているわけです。

リミットを否が応でも設定するから、人は本気になってやれる。

 

 

 

目標を達成する上で、期間や期限をしっかり決めて

その中で集中して成果を出す。という事をまさに証明してくれているわけです。

 

 

まぁ、だからって、何も腹を切る事は無いと思いますがwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • あえて、武器を減らす。

ゾロの名シーンの中の一つが

このアラバスタ編でのMr.1との戦いです。

「ゾロ mr.1」の画像検索結果

http://onepicenazo.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_721/onepicenazo/One-Piece-116-10.jpg

 

 

このMr.1、なんとスパスパの実という全身刃物(鉄)になる能力者だったんです。

 

刀使いのゾロが、折れる(斬れる)事のない人間との戦い。

つまり、相性が最悪の敵だったんです。

 

 

 

 

ゾロは本来、自身の持つ3本の刀を使って、初めて実力が発揮されるタイプの剣士です。

でも相手は、その3本の刀をはじき返す鋼鉄の男。

 

 

 

その時にゾロが取った行動は

「ゾロ mr.1」の画像検索結果

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150305%2F75%2F7106965%2F2%2F398x540x92d812a1e2a7976fada816dd.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

刀を一本に絞る事。だったんです。

 

これは、一本刀の居合(刀を収めた状態から、一瞬で居抜いて斬る事)

によって、鋼鉄を確実に斬る方を優先したんです。

 

 

 

よく、あれもしなきゃいけないし、これもしなきゃいけない。

自分の得意なことは、全部やろうってしてませんか?

 

けどそんな時に、このゾロのMr.1との戦いを思い出してほしいんです。

 

 

敵に勝つの(ミッションの成功)は、三本の刀を使って技を決める事じゃないんです。

鋼鉄を切る事(勝利)が出来るかどうかなんです。

 

 

3本もし持っていたとしたら、ぜひ一本に集中してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 武器を捨てる。

時に、勝利だけが正しい判断ではありません。

 

それを教えてくれるのが、このスリラーバークでのバーソロミュー・くま

との戦いです。

 

 

ルフィ一味は、連戦に次ぐ連戦で疲弊しきっていました。

その最中、圧倒的強さを誇る強敵の出現に誰も歯が立たない。

 

ルフィ海賊団はここで、夢潰え、まさか全滅してしまうのか?

と思われた矢先

 

ゾロのこの行動です。

「バーソロミューくま ゾロ」の画像検索結果

http://ワンピース名言.com/wp-content/uploads/2016/04/zoro3.jpg

 

自分の首をやるから、一味を見逃せ。という条件を叩きつけます。

 

ゾロは世界一の剣豪になる、という野望を持っていたにも関わらず、

自分の首を差し出そうと言うのです。

 

そう、それは自分の為ではなく、船長であるルフィの為、仲間の為。

「バーソロミューくま ゾロ」の画像検索結果

https://stat.ameba.jp/user_images/20150216/12/manatahasu/f2/b2/j/o0481028313219778631.jpg?caw=800

 

本気で仲間を助けるための自己犠牲。

 

この思いが伝わり、ゾロは首を取られずに済みますが

代わりに全身にルフィが負ったダメージを受けさせられます。

 

ひん死寸前まで追い詰められて尚、その条件を飲むゾロ。

 

 

 

勝負に挑んでいれば、失敗や身の危険を回避する事

つまり、退く事の方が重要視されます。

 

それは、手前ですべて回避できるものばかりとは限りません。

失敗が起きた時、、どうするべきか。

 

 

時に何かを犠牲にしてでも、一番大事な物を守る事が必要なのかもしれません。

 

 

また、失敗を最小限に抑えるために、何をすべきなのか。

引き際を間違えると、大きなダメージを負います。

 

引き際と、被害を最小限に抑える事も、次の勝利に向けて出来る手段と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ゾロは剣があるから強いんじゃない。

今回一番言いたいことですが、

 

ゾロは、決して剣があるから強いんじゃありません。

勝利の為に、何が必要なのかを、選び取る力が強いのです。

 

 

 

 

ゾロはとにかく勝利に対しての欲が強いです。

 

けど、その分何度も何度も敗北をしてきています。

f:id:sdaichi444:20171009222412p:plain

https://stat.ameba.jp/user_images/20111028/06/smile-and-thanks-worker/94/81/j/o0480036911574563627.jpg?caw=800

 

ゾロが強いのは、その失敗や経験から何を学び

戦いの中でも、上手くいかない事があればなぜうまくいかないのか

 

つまり、

勝利するために、今自分が出来る最善の方法はどれなのか?

を考え、実践する力がすごいなと感じました。

 

 

 

人は常に完ぺきではありません。

 

それはワンピースの中で、悪魔の実を食べていない人間だって同じことだと思うんです。

 

 

完ぺきではないからこそ、本当に必要なものだけを選んで他の方法は捨てる(あるいはやらない)と決める事。

 

この方が実は、良いと思ったことをやり続けるよりも難しいし、重要なんです。

 

 

 

 

 

選び取る力。

 

行き詰って、迷った時に

ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ではでは。

 

一週間ブログを休んで見て分かった事

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

一週間ぶりです。

 

 

 

sdaichi444.hatenablog.com

 

こんな記事を書いていたので、まぁ翌日には再開するだろう。

 

 

と、思っていたら、

 

 

 

やべぇ、全然体が休められてねぇよ

 

という、なんとも言い訳がましい理由から

 

やはり一週間、ブログを書くのを休むことにしました。

(キュウヨウ、マジ、タイセツ)

 

 

 

で、

 

 

 

この一週間何をしてたか?って話と、

休んで見ていろいろ気づくことがあったので、

 

今後のブログ更新をどのようにしていくか、を中心として一週間を振り返っていきたい。

 

 

 

 

ではいこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 結局、ブログに使わないエネルギーを外に使う

 

 

まず、この一週間何をしてたかというと、

 

1、歌手のオーディションに挑戦

2、ビジネス系セミナーに行く

3、会社以外の人に会う

4、ランニングの距離が伸びた(7 ➡ 8km)

5、読めてなかった漫画、本をめっちゃ読む。(刃牙道読んでました!)

 

 

 

ですね。

 

 

オーディションってなに!?

と思いますでしょうが、それはまた後日ブログに載せていきたいと思います。

 

 

とにかく言いたいのは、

 

 

休むって言ったくせに全然違う事に体力使っちゃってる!

ってことですね。

 

いやぁ~、、、、メンゴ(殴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、ブログ書くために

 

2か月間ずーーーっと考える癖がついてたんで、

イデアめちゃめちゃ出るんですよ。

f:id:sdaichi444:20170930180649p:plain

 

 

けど、それを整理出来ないまま、ブログ書くために必死になってたんで、

 

結局頭の中を、自分で整理出来ないまま進んでたんです。

まぁ、靴ヒモがほどけたまま走ってるみたいな感じですよね。

 

 

で、

 

 

この一週間はひたすらに自分と向き合う時間にしまして、

自問自答を紙に書きまくってたんですよ。

やりたいこととか、これからどうしたいの?とか

 

 

 

この空白の時間がきっと僕には必要だったんですね。

 

 

もしあなたも、忙しくて考える時間も無い!と思ったら、

意図的にでも空白の時間を作って見る事をおススメします。

 

 

 

 

では今後の方向性についてお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 今後の方向性、と目標

自分の夢の話と、ブログの二つに分けてお話しします。

 

 

  • ブログ

まず一週間に2回の更新に減らします。

 

理由は、他にやる事が増えたからです。

(主にビジネスの勉強です。)

 

 

 

正直、その為にブログを完全に辞めよう。とも考えましたが

 

ブログを通して出会う事が出来た人や、知り合う事が出来た人もいるし

ってか、ブログ書くの嫌いじゃないし(そもそも)

 

 

わざわざ辞めなくてもいいな。と思ったので続けていきたいと思います。

 

主に、土日、祝日のみ更新という形になります。

 

その代わりと言っては何ですが、

今後のブログは「為になるブログ!」ではなくて

「結果的に為になるブログ!」を書きたいと思っています。

 

 

 

それはやっぱりこのブログを見てる人が、おもしろwって思ってもらいたいし

 

なんかこいつのブログ見てると笑えてくるわ!とか

元気貰えるわ!みたいなブログが書きたいと思ったからです。

 

 

大変、抽象的ではありますが、

ブログに限らず、

そういう誰かを本当に喜ばせる事を今後はやりたい!と強く思っているので

集中して書くことの出来る土日、祝日のみの更新とさせてください。

 

それでも一生懸命書きます!

 

 

また、この1週間のPV数は50以下がほとんどでした。

まぁ、更新してないからね。と言われればそれまでなんですが。

 

 

なんかPV数を気にして読者あおる!みたいな記事も全然面白くない。

 

と思ったので、PV数は一切気にせずに書いていきます。

 

 

 

その代わり、

読者数とシェアや、ツイート数などを増やしていきたいです。

 

多分、そっちの方が本当に人の為になってるブログを書けている実感があるので。

今後は読者と、シェア数を目標にします。

 

 

現在は読者数が、、、、7人なので

 

毎月、読者を1人増やします。

 

もし一人も増やせなかったら、なぜ増やせなかったのかを考え、ブログ改善に努めたいと思います。

 

 

 

ブログに関しては以上です。

 

 

 

  • 自分の夢について『音楽』

オーディションに参加したり、ライブをやったりと、いろいろやってきましたが

 

一旦、音楽について追及してやらないようにしたいと思います。

 

 

理由は、中途半端になってしまうから。です。

 

 

 

可能性を探ってみたり、チャンスがあれば掴むことはしますが

 

それよりはまず

・作曲する事

・歌を練習する事

・ギターを練習する事

・走り込みをする事

 

の方がよっぽど大切だと気が付きました。

 

 

というよりも、基礎がしっかりしてないな。という事に気が付いたんです。

 

 

 

また、12月には、UVERworldTAKUYA∞と走って勝つ

という目標を掲げランニングをしていることもあり

 

いずれにしても12月まではやる事を増やし過ぎたら失敗するなと思いました。

 

まずは、ランニングを続け、歌う体を作る事。

音楽をやる上で、フィジカルや体調管理は、楽器を扱うのと同じぐらい大切です。

 

 

 

何より、焦らない。

やるべきことを、しっかりやっていると言うんだったら

目の前のことに集中する。

 

とにかく今やるべきは、オーディションやライブに行く事ではない。

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、このような気づきがあり、今後の方向性についてお話しさせて頂きました。

 

やりたいことは、本気でやる。

だけど

本気でやれないんだったら、絶対にやらない。

 

 

その為にやれることを絞って、今後のブログ、音楽活動を行いたいと思います。

 

 

 

ではでは。

ご報告です。

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

2ヶ月連続毎日投稿を続けて書く!と宣言しました。

 

 

で、

 

 

 

勝手ながら、10月1日で、一旦切りたいと思います。

 

本当にすいません。

 

 

 

ちなみに、結果ですが、

目標の月1000以上に対して…

 

 

8月、1021PV

9月、2217PV

 

という結果でした。

 

 

ありがとうございます!!!!!

(ここだけテンション上がるやつ)

 

 

 

で、

 

 

 

 

本日から一週間ほど、ブログをお休みしようと思います。

 

 

理由が、、、今日布団で

背伸びしたら

脹脛(ふくらはぎ)を

盛大につりまして😅

 

大激痛に叫びまわった末、

 

これは、神様からの啓示だ。と直感致しました。

 

 

すいませんンンンッッッ!!!!!!!!

 

 

 

 

また、

 

2ヶ月毎日書く!と思って、

 

人と会ってても、会社にいてもブログのこと考えてたので

これはまずいな!と思い

 

 

やはり一週間休もう。と思いました。

 

 

 

 

ここまでゴチャゴチャ勝手を抜かしておいてなんですが、

 

この2ヶ月はめちゃめちゃ楽しかったです。

 

悟空の気持ちがわかったし、ワクワクスッぞ!って感じです。(殴

 

 

 

とか、言いながら明日にでも記事書いてそうな気もしますが、

 

ひとまずお休みということにさせてください。

 

 

 

 

ブログご覧頂いた方、

この2ヶ月関わって下さった方、

応援してくれた友人、

全てのアツく生きたいヤロー共。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

これから、もっともっと!

さらにクソ熱く生きたいと思います!

お楽しみに!

 

また明日(?)、一週間後の更新でお会いしましょう!

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

(てか、隣の外国人誰やねん…。)
f:id:sdaichi444:20171001180353j:image

クリエイターになりたいなら、想像力と創造力を鍛えよう!

こんばんは。

 

 

だいちです。

 

あなたは、落書き。をしたことはあるだろうか?

僕はよくテストや授業中ノートに絵や漫画のキャラを書きまくっていました。

(こら)

 

 

ちょっと真面目に言うなら、

手先を動かす、クリエイティブな作業が大好きだったんです。

 

だから、絵を描く歌を歌う工作など、何かを自分でゼロから作るという作業が好きなんです。

f:id:sdaichi444:20170930180335p:plain

 

今後はそうした小さい頃にハマったクリエイティブな作業を仕事にしたい!と考えており

曲を書いたり、歌ったり、絵をかいたり、自分で何かを作ったりしています。

 

 

 

 

また、最近そうしたクリエイターの価値が見直され

インターネットの普及もプラスされて

 

個人が、クリエイティブなエンタメ(楽しみ)をどんどん発信

どんどん作り出せるようになりました。

 

 

ユーチューバーなんかまさにその例ですよね。

自分のやりたいことを、やりたいジャンルに絞って、自分の好みのシーンカット(映像編集)を行い、多くの人に発信する

 

まさしく、個人がクリエイターを職する良い例だと思います。

 

 

はーいはーい!

じゃあじゃあ、俺も!クリエイターになりたいよ!!

 

 

という人がこれからもっと出てくると思いますが

その際意識したいのが「想像力」と「創造力」です。

 

おおお?どゆこと!?って思いますよね

 

今回はその「想像力」と「創造力」についてお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • なんでクリエイターが注目されてるの?

そもそもなんでクリエイターが注目されてるんでしょうか。

 

 

先ほども紹介したユーチューバーは、ここ何年かで注目されてきました。

おそらく理由としては

ネットの発展がまず挙げられるでしょう。

 

今から7年前

僕が高校生の頃は、まだガラケーが主流で、YouTubeで動画なんて見ようものなら

容量オーバーで即死(通信速度に制限がかかる)という時代です。

(ついこないだの話だよw)

f:id:sdaichi444:20170930170847p:plain

 

でも、今はどうでしょうか?

 

 

通信速度容量の見直されたスマホが、どんどん普及し

Wi-Fi格安SIMなどサービスも普及して

今ではちょっと動画を見たぐらいでは、速度制限なんてかかりません。

(感動だ。)

 

 

 

そうしたスマホの普及で、

スマホを通してメディア(動画)を見れるのが当たり前になったんです。

 

 

これは堀江貴文さんや、キングコング西野亮廣さんなど多くの著名人が

言い続けています。

 

ネットの普及で、明らかにメディアの在り方が変わった。

 

つまり、そうしたネットの発展によって

クリエイティブなエンタメ(遊び)が、個人のもとに簡単に届くようになったんです。

 

 

それがYouTube

個人が面白動画を投稿できるVine

ライブ配信が楽しめるツイキャス、LINELIVE、showroom

スマホで独自の映像コンテンツを発信するAbemaTV

 

などなどたくさんのメディアが出現し 

拡散力のあるTwitterから広がりを見せているというわけです。

 

 

 

 

話が長くなりましたが、

クリエイターが注目されているのは

手軽にメディアを見る事が出来る環境で、個人でも発信できるツールが増えたから。

だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • クリエイターってどんな職業?

そんなクリエイターは、ユーチューバーだけではありません。

 

音楽を提供する仕事で言えば、

「歌い手」なんかが良い例でしょうか。

 

自分で歌うだけでなく、動画の編集、作画、編曲、作詞、

個人で作品全部を作り上げる事が出来、それをネットで世界中に発信できる。

 

 

これもやはりYouTubeニコニコ動画を始めとしたネット配信、動画投稿サイトで成長してきたクリエイターの仕事と言えます。

 

 

有名どころだと、米須玄師さん

最近ではドラマや、CMなどに曲が使われたりしてますよね。


米津玄師 MV「アイネクライネ」

 

 

 

また、メディアだけでなく、スマホのアプリも充実して

個人の価値を株のように売れるVALU

(昨今ヒカルさんの一件で話題になりましたねw)

「VALU」の画像検索結果

参照:https://pbs.twimg.com/profile_images/871760666666778624/HrDPpkEA.jpg

 

他にも、

個人でネットショップを開ける「BASE」

などなど様々にマネタイズ(お金を稼げる)できるようになりました。

 

 

それにより、これまで決まったお店、出版社、音楽業界などを、介在しないと成り立たなかったビジネス

ファッション、漫画、個人のセミナー(または本の出版)、配信版限定の曲

などなど個人の想像力次第で、どんどんそれを仕事にしていけるような時代になってきました。

 

 

なんて良い時代。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 想像力と創造力ってどうやって鍛える?

そんないい時代、

クリエイターとしての可能性は人の数だけ無限大です。

 

それらの素となるのが想像力と創造力です。

 

想像力は、自分のやりたいことをイメージする力

具体的には

・書きたい漫画の構想を練ったり(ネタ作り)

・歌詞にしたい曲や、メロディを思いついたり(作詞、作曲)

・服にしたいデザイン、柄を考えたり

f:id:sdaichi444:20170930180649p:plain

 

 

 

どんなものを作ってみたい!と考えているのか。ってことですよね。

 

 

じゃあ創造力はというと

自分のイメージした事を、作り上げる力

具体的には

・漫画のキャラクターを描く。

・ギターを弾いたり歌をレコーディングする

・服をつくる。

 

作りたい!と思ったものを実際に制作するってことですよね。

f:id:sdaichi444:20170930180516p:plain

 

 

 

でも、これってどうやって鍛えるんだろうか。

って思いますよね。

 

 

各分野それぞれに専門の勉強が必要とは思いますが、

 

 

まずは、「思いついた方法でやってみる」事が一つ言えると思います。

 

 

例えば、僕なら

発信力鍛えたい!良い記事を書いて、ブログで食いたい!

と思った時に

 

そしたらまずやる事が「とにかく記事を量産する!書きまくる!」

事が必要になってきます。

 

 

 

実際、、、

4月に始めた頃の記事って、

ぶっちゃけ見ててイライラするような内容だったし。

何を伝えたいのかが分からない。

 

と思って、書けば書くほどへこんでましたが

ここ2か月で、ブログをとにかく毎日書くようにしたら

 

100%満足とはいかないまでも、まぁ60%はギリギリ保ててるかも!

という最低限自分がへこまないぐらいの記事が書けるようになりました。

 

これもやっぱり、とにかくやらないと見えてこない事です。

 

 

 

また、常に改善する意識を持つ。

ことも大切です。

 

二か月書いてきても、当然まだまだ修正点はありまくりなわけですが

そんな中でも今に至るまでに修正と改善を繰り返しました。

 

 

例えば、僕の場合ブログでは

 

「この書いた記事、、、見づら。。。」

 

と思ったら、文字を大きく強調して

書いてみたり。

 

記事全体のバランスもあるので

「言いたいことまとまってねぇ、無駄な文章多すぎ」

と思ったら

 

書いても削除削除していきました。

 

おかげで

最初は何を言いたいのか、全然わからなかったのですが

ようやく伝えたいことをまともな文章で書けるようにはなりました。

(まぁ今でも怪しいところあるけどw)

 

 

 

この

「思いついた方法でやってみる」

「常に改善する意識を持つ。」

の二つを意識しながら実行する事で鍛えられて来るかなぁ~と思います。

 

 

正直、やって見ないことには何も分からないし

 

自分は何が得意で、何が苦手で、どんなジャンルが興味強いのか、なんて分かりません。

 

 

まずはやって改善、やって改善の繰り返しですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 真似とリスペクトをしよう。

とりあえずやってみたけど、んーーーやっぱイマイチどうやればいいのかわからない。

 

そんなときは

誰かの真似をしましょう。

 

 

もちろん、すべてを真似する、つまりパクリじゃなく。

 

お、この人のこの表現良いな。

この人のアプローチいいな。

 

と思う部分のテイストを吸収するんです。

 

 

その際、真似をさせてもらう人への敬意、

それを発信し、読んでもらう人への敬意を持ちましょう。

 

 

あくまでも、クリエイターを支えるのはリスナーファンです。

 

応援してくれる人、自分を育ててくれる人へのリスペクトがあってこそ

素直に成長できるし

気づきも見えてくるというものです。

 

 

行き詰ったら、真似でも良いんです。

とにかく真似るけど、パクリにならず

リスペクトを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

僕自身も、まだまだクリエイターとは呼べるレベルではありませんが

自分で気づきを得たことを発信、

例えばそれがこのブログを読んでくれた人に、ほんの少しでも価値があるように

モチベ上がるわ!、いやーその考え方ありだわ!

と言われるようなブログを書いていくぞ~!

 

(そしてクリエイターに、、、俺はn、)

 

 

 

 

 

 

ではでは。

 

アイドルに学ぶ!?自分を売り出したいなら、ハッキリと「形」を決めろ。

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

昨今、ブランディングとか、自己PRが必要だと言われています。

 

会社に入るのにも、

フリーランスで、個人事業主として生きていくにしても

 

どちらを生きるにしても

あんたの肩書き、と・は・?

 

が求められる社会です。

 

 

でもさでもさ、

 

 

ブランディングって

具体的に何をすれば良いのか、分かんなくね!?

 

何より、僕自身も2年前なんてブランディングと?は~?

な感じだったし。。。

(それでフリーランスやりたいとか、やばいよね。)

 

 

そこで、

今回は自分を売り出すために、まずやっておかねばならない

自分の形をハッキリと決めること。

 

についてお話ししたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • あなたは、何になりたいのか?

「いらすとや 職業」の画像検索結果

 

まず最初に、あなたがそもそも何になりたいのか。

が明確でないといけません。

 

 

例えば、

音楽で食べていきたい!という夢があった場合

「何をしたいのか?」によってやる事も変わってきます。

 

歌が歌いたい。なら歌手として

・バンドのボーカル

アイドルグループのメンバー

ツインボーカルのユニット

・声優シンガー

・シンガーソングライター

 

などなど、歌手1つとっても選択肢は様々です。

 

 

もし、

音楽というような大きな枠組みで働きたいとすれば

「何がやりたくて」

「その為に何を目指して」

「どんなステップを踏んでいくか」

を考えなくてはなりません。

 

 

 

と、

 

言われたっって結局だから何をすればええんや!!!!

って思いますよね。

 

 

次に、もう少し詳しく話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 形は、明確であるほど理解されやすい

f:id:sdaichi444:20170929220017p:plain

ブランディングとは

買い手に理解されてなんぼの話なんです。

 

 

 

 

買いに来たお客さんに対して

あなたは

「照り焼きチキンとレタスのハンバーガー売ってます」

って言うのと、

「パン売ってます」

って言うのとでは買う意欲も全然変わってきますよね

 

 

自分を売り出したいなら、まずその形

(自分が目指したい形)を出来るだけかなり正確に言う必要があります。

 

パンという固有名詞まで言えるならまだいいのですが、

「小麦から作られた、主食に該当するらしいんですけど、ふわふわしてる食感の物と硬い食感のものがあって、」

 

みたいな自己PR になってる人って結構います。

 

 

なので、なりたい形をより明確にしてください。

 

 

 

次にその具体例をお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 目標は、アイドル?

アイドルが何がすごいって

 

ブランディングの塊な所なんですよ。

 

 

例えば、

ももち、こと嗣永桃子さんは

 

・ぶりっ子

・ピンク色

ツインテール

・小指立ってる

・ウザ可愛い

 

などなど、自分に関する肩書き(情報)を、なるべく多く具体的にしています。


ももち 『ももち!許してにゃん♡体操(おとももちバージョン)』

 

ももちが好きな人からすれば、ぶりっ子かどうかとかは

どうでもいいわけで。

 

つまりはいかに世の中に覚えてもらえるか?理解してもらえるか?

が重要なわけです。

 

ももちの場合、

アイドルとして売れたいわけですから

 

・自分の名前(ももち、嗣永桃子)

・イメージカラー(ピンク色)

・どんなキャラクター(ウザ可愛い、ぶりっ子)

 

このように、自分の印象をガッツリ人々に植え付ける事に成功しているわけです。

 

 

それでいて、ライブを見に来た人には

めちゃめちゃしっかりダンスや歌を見せる、というギャップ

なんというしたたかさ。

 

 

 

アイドルを目指さなくても、このように

どんな風に自分を見てもらいたい

あるいは

どんな人間になりたいのか

を考えながら、自分の形を決めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 理解されると、応援される。

「いらすとや 応援」の画像検索結果

 

どうでしょうか。

 

目指すべき形や、イメージは沸いたでしょうか。

 

 

このように自分の形を明確に決めて売り出す事で、

人々に理解されやすくなります。

 

一人でも理解してくれる人がいると、

1人、2人、4人、、、と

応援してくれる人が増えていきます。

 

 

何をしている人なのか?が分かると安心感が生まれます。

 

 

安心感がある人には、当然

その人自身がどういう人か?についても理解されてくるので

 

結果として、

その人を好きになる応援してくれる人が出来るわけです。

 

 

 

自分の形をより明確にしてブランディング

自分をどんどん売り出していきましょう!

 

 

 

 

ではでは。

限界まで自分を引き上げるには、とにかく余白を埋める事

こんばんは。

 

だいちです。

 

 

 

あなたは、もう限界だ!!!!というところまで何か努力したことはありますか?

 

努力なんて硬い事じゃなくても、

ゲームやスポーツ、習い事や料理など

 

うおお!!これが俺の限界や!!!というところまでやった経験ということです。

 

 

僕の話をすると、

どうも、これ以上自力のみでトーク力(説明する力)」「ビジネス理解(お金や生計を立てる術)」「ファイナンシャルプラン(今後どのように生きるか?の計画)」

 

などなど

 

やっぱり自分一人で考えるのは限界があるなぁ~。と感じました。

 

 

で、

 

 

先日、イナヌマシュンさんのLINE@限定セミナーに参加した時

 

 

 

シュンさんからこんな事を言われました。

 

シュンさん「とにかく人と話した方がいい!!とにかくやりたいこと、夢の話、ビジネスでも、趣味(マネタイズさせるため)のこと、とにかく話してガンガン自分を面白く、他人を巻き込んでくといい方向へ向かえる。

 

 

と。

 

そんな彼らは今電車旅というのをやってるんですが

 

やっべ!!!

 

めっちゃ楽しそうだし、めっちゃ人巻き込んでるぅう!!!

 

 

こんなお楽しみ人間に僕もなりたい。

何より、自分の限界を引き上げたい。

 

 

そんな自分を引き上げる為には

とにかく余白を埋める事が大事だったんです。

 

 

ではいこう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 余白ってなに?

「フリー素材 余白」の画像検索結果

 

ってか、

余白って何スカ?

と思ったあなた。

 

 

 

余白とは、主に時間の余白です。

 

 

例えば、土日の使い方。

土曜日は、疲れたし、12時まで寝て、

そっから起きてご飯を食べて、14時までゲーム

夕方4時になっても熱中してたら

今度は動画を見て6時、7時

気が付いたらもう9時で風呂に入らなきゃ。。。

 

そして日曜日も遅く起きて、、、

 

ッッッて!!!!

そんなことしてたらいつ限界迎えるんだよおお!!!!!

 

時間の余白を埋める。というのは

こうした無駄な時間を送らない為にも

予定を埋めて埋めて、隙間ないスケジュールを作る事なんです。

 

 

 

 

ということは、

 

逆に余白を作る事も必要になってきますよね?

(埋める余白が無かったら、そもそも意味が無いので)

 

 

 

まずは、自分の一日のスケジュールを紙に書き出してみてください。

スケジュールの書き方についてはこんな感じで殴り書きでもいいんですよ!

 👇👇👇👇

sdaichi444.hatenablog.com

時間に余白が作れたなら、

じゃあ

今度はその余白を埋める作業だ!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 限界突破って知ってる?

 

あなたは、限界突破ってご存知ですか?

 

僕はどうしてもベジータを思い出してしまうけども

「限界突破 ベジータ」の画像検索結果

参照:https://stat.ameba.jp/user_images/67/95/10004802831_s.jpg

 

 

これはあながち間違いではなく、

 

ベジータほどのエリートでも、限界突破する必要があって、

限界突破って容易ではないんです。

(ほら、Sサイヤ人も簡単にはなれないじゃん?)

 

 

例えば

今自分が、一番やってみたいことで、

・なかなか上に上がれない。

・上がる方法が良く分からない。

・やってるけど行き詰ってしまった。

 

 

なんて事、あるじゃないですか。

 

 

理由や状態は人それぞれでも

とにかく先へ進めん!!!と足踏みしているなら

それは限界なんです!

(です!)

 

 

 

限界を超える為に、余白を埋める。

 

じゃあ何をするかっていうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 夢を話すなら、異性に話した方が良い。

とにかく最初は

・今やってる事

・特に最近考えている事

・今後どんな展望(やりたい事)を持っているか

 

について話してみるのが良いです。

 

 

僕はここ2、3週間で

10人にやりたいことの話をしました。

 

その中でも

異性に話をすると、道(選択肢)が増えやすい事に気が付きました。

f:id:sdaichi444:20170928220900p:plain

 

 

 

僕の場合、男ですので

女性。

 

女性の方は男性に。という風に

 

異性に話すと、そこから次につながりやすいです。

 

 

 

おそらく、同性の場合は

世間話と認識されてしまい、この人の為に何かする!という気持ちが起こりにくい

と考えました。

 

対して異性は、考え方が異なるので

自分からは出なかったアイディアが出やすい事、

 

また、その人の為に何かしてあげよう!という気持ちが働きやすいのかも?

と思いました。

 

確かに、僕も男友達に夢の話をされるか

女の子に夢の話をされるかでは

モチベーション変わってきますね。

(いや、男でもちゃんと話すけどね!?)

 

 

話すときのポイントは

・とにかく素直にすべて思ってる事を話す。

・嘘をつかない。

・本気度を示すために、やりたいことや思ってる事を明確にする。

 

この三つを意識すると

話を聞いてる人もサポートがしやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 予定をあえてキツキツにしてみる。

f:id:sdaichi444:20170928221111p:plain

話をする相手が決まったら、

 

今度は予定を、出来るだけキツキツにしてみましょう。

 

例えば、、、

・平日でも、空いてる?と呼ばれたら即座に飛んで行ったり

(つまり、誘いを断らない。)

・一日に二人以上に会ったり、電話してみたり

(午前に一人、午後に一人、夜電話を一人にする。など)

・人に会う以外に、やりたいことを時間で区切ってやってみたり

(7~8時は読書、8~10時はブログを書く、10時~12時はスケボーをやる。など)

 

 

とにかく空いてる予定を詰めていくんです。

 

ただ、そこで注意したいのが

ゲーム、動画を見る、寝る。

などの行為はなるべく避けた方が良いです。

 

なかなかやめれなくなる。のと、時間を区切るのがストレスになるので

それよりは、どこかへ出かけてみたり、

自分のいつもやらない事。なかなか出来ない事をやってみるのが効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 他人が今の限界から、少し引き上げてくれる。

関連画像

参照:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggZIFJIDX1ruSEB1lii5Nkrg---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1259216692

 

最後に、余白を作る事で一番いいのは

他人が、今の限界から少しだけ引き上げてくれる事なんです。

 

 

この少し。というのがミソで

自分の限界を他人がすべて引き上げるのではなく

 

あくまでも尻を押す、背中を押す程度の支えがもらえる。という点なんです。

 

 

あまりにも他人からの支援が大きすぎると

自分でどうやって限界から突破したのか。が分かりません。

 

つまり、今後同じように限界を迎えた時に

他人頼みの超え方になってしまいます。

 

 

 

どんなに他人が支援してくれると言っても、さすがに本人にやる気が無かったら

前になんて一ミリも進みませんし、

何より、応援して支えてくれる人に対して失礼です。

 

下手したら、二度と手伝ってくれなくなるかもしれません。

 

 

 

なので、

まずは誠意を見せましょう。

硬く考えなくても、俺は本気でやるつもりだ!という気持ちで良いです。

つまり、その為にはやはり自分でも実践したり調べたり改善する事を試みるべきです。

 

 

余白を埋めるのはあくまでも自分、

 

だけど、他人が背中を押してくれるなら

それをありがたく支えに、限界の穴から這い上がりましょう。

 

 

 

 

 

 

ではでは。